*

まずは、自分をまるっと肯定しよう

公開日: : 最終更新日:2015/06/26 メンタル・心理, 自己啓発 ,

心が傷ついているときは、まず自分を全肯定しましょう。

とにかく気持ちのすべてをまるっと肯定するのです。

頭でいろいろ考えるより、まずは心を癒す。改善や解決はあとからゆっくりでいいのです。

qgJRiCc8IhJwAUw1434079180

題名 まずは、自分をまるっと肯定しよう
著者 藤村高志(ふじむら・たかし)
発行 朝日新聞出版

内容

著者の藤村高志さんは、1965年山口県生まれ。アルバイトから約1000人の社員を統括する責任者の立場になる。

忙しい仕事のさなか、家庭では妻のうつ、そして離婚など問題を抱える。

そんな中で心理学に出会い、心の大切さ、生きる上で一番大切なものに気づく。

2008年に心理カウンセラーとして開業し「まずは気持ちのすべてを受けとめる!」をポリシーに活躍されています。

心理カウンセラーである著者のカウンセラーの基本は、まずは全肯定。とにかく気持ちのすべてを受けとめて肯定することだと言います。

心が傷ついているときは、頭でいろいろ考えるより心を癒すことを最優先に考え、まず気持ちを楽にしてあげる。改善策や解決策を考えるのは、その後でいいのです。

そして、もうひとつ著者が大事にしていることは、五感をつかって「感じる」ことです。「幸せ」や「愛」は頭で考えるものではなく、肌で感じるものであり、そうすることで「心が喜ぶ」のです。

今の時代は職場でもプライベートでもスマホやPCの画面ばかり見ていて「見る」「聴く」「触れる」などの自分の五感を使う時間が減る傾向にあり、体で幸せを感じにくい社会となっています。

本書では、幸せで充実した生活を送るための「全肯定」そして「感じる」世界を著者独自の視点で解説します。

こんな方におススメ!

☆職場の人間関係がつらいと感じている方
☆がんばっているのに誰も認めてくれないと落ちこんでいる方
☆もっと楽に生きたいと思っている方

感想

悩んだり、落ちこんだり、迷ったりした時にこの本を読むと、見えない何かに押さえつけられていた自分の心がすっと開放され、気持ちが楽になれるような気がします。

心を軽くし、気持ちをすっきりさせるには「自分を全肯定する」ことだと言います。

「あれもダメ」「こうするべき」「我慢しないと」など“自制”は、社会の中で生きていくためには必要なものですが、これが行きすぎると「思考」と「感情の」バランスがくずれて、「感情」が行き場を失い大きなストレスになってしまいます。

ですので、心の奥にある自分の気持ちをしっかり認め、頭で考えたことより心の声を優先させることが重要なのです。

わがままな自分、悪い自分、優しくない自分も全部肯定する。そうすることで本当の自分と向かい合うことができ、自分の気持ちに気づけるようになるのです。

また、本書の中で著者はすばらしい言葉をいろいろ教えてくれています。

「行動」は否定しても、「感情」は否定しない

これは子どもを叱るときにも使えます。ケンカをした場合も、頭ごなしに怒るのではなく、まず理由を聞いて共感し、それから悪い行動を改めるよう教えるのが良いようです。

人は、楽しそうに見えるところに自然に集まる習性がある

人に合わせるのではなく、自分が楽しいことをやっていれば、自然と周りに人が集まりはじめます。ですから無理に好かれようとしなくても、自分のやりたいこと、楽しいことを夢中になってやっていれば、自分を好きになってくれる人が集まってくるのです。

目次

1章 まずは、まるっと全部に「」をあげよう

2章 落ちこんだとき、「不安」や「孤独」を感じたときに

3章 イライラしているとき、怒っているときに

4章 「自分が悪い」「私のせい」と自分を責めてしまうときに

5章 何もかもがつらく重く感じるときに

6章 「五感」で自分を癒していこう

【今日紹介した本】
まずは、自分をまるっと肯定しよう

Amazon
楽天
↓ランキング参加しています!

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

スポンサーリンク

関連記事

どうせ生きるなら「バカ」がいい

現代の日本人は、なぜこれだけ苦しみを抱えてしまっているのでしょうか。それは“やりたくないこと”を“や

記事を読む

ストレスゼロの伝え方

他人に自分の考えを伝えるということは、あまりにも日常的であたり前のことです。だから多くの人は「伝える

記事を読む

失敗は「そこ」からはじまる

綿密に計画を立てて意思決定したはずなのに、どうしてひんぱんに脱線してしまうのでしょうか? どう

記事を読む

「何から読めばいいか」がわかる 全方位読書案内

本を読むことは、すべての人に平等に与えられている教養の形です。 現代は、誰もが教養をたっぷり享

記事を読む

悪縁バッサリ!いい縁をつかむ極意

良い縁も悪い縁も、縁は誰のところにも平等に流れてきます。 その多くの縁の中からどれを選ぶかは自

記事を読む

読んだら忘れない読書術

どうすれば読んだ本の内容を忘れずに覚えておくことができるのでしょうか? 本をじっくりていねいに

記事を読む

失敗力 30代でひと皮むけるヒント

数々の試練や苦しい時代を乗り越えたからこそ、的確で熱く胸にグッとささる言葉があります。 失敗を

記事を読む

「原因」と「結果」の法則

私たちは自分の心で考えたとおりの人間になり、その人生で過ごします。 私たちを取りまく環境は、真

記事を読む

超訳 吉田松陰語録―運命を動かせ

吉田松陰の言葉は、常に現実を見つめ闘いながら語られた生きた言葉です。 だから、時代を超えて私た

記事を読む

本番に強い人は、ヤバいときほど力を抜く 人前で話すのが劇的にラクになる7つの技法

本番に強い人と、そうでない人の違いは何でしょうか? 答えは、心をゆるませられるかどうかです。肝

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スポンサーリンク

「想い」と「アイデア」で世界を変える ゴミを宝に変えるすごい仕組み 株式会社ナカダイの挑戦

「失敗なんてない!」 世の中で言われているところの失敗というのは

初対面で話がはずむ おもしろい伝え方の公式

どうやったらおもしろい伝え方ができるのか。 元落語家であり、ベテ

仕掛学 人を動かすアイデアのつくり方

問題解決を促すアプローチは、さまざまあります。 どうせなら笑顔に

やむなく営業に配属された人が結果を出すために読む本

売れないのは、商品のせいではありません。あなたが商品の魅力をうまく伝え

頭を下げない仕事術

なかなか相手のOKを引き出せない方、どんなに熱心に頭を下げてもイエスを

→もっと見る

PAGE TOP ↑