*

「 月別アーカイブ:2014年12月 」 一覧

一流の決断力

伝説のディール・メーカーが教える「粘る力」と「割り切る技術」 30代から40代のリーダーの皆さんには“あと一押しする一言”を、20代の将来のリーダー候補の皆さんには“これから迷ったときの羅針盤”

続きを見る

「人真似は、自分の否定だ」 クリエーターの60訓

広告や制作の専門的な知識ではなく「職業人の知識」を現場での「対話」を通して伝えていきます。 変化に対応し厳しいビジネスという荒波を乗り越えてきた先人たちの体験や経験から発せられる言葉には普遍性が

続きを見る

上司の常識は、部下にとって非常識

日常交わされるような会話例とその背景にある心理メカニズムを示し、時代的な背景を含めて上司と今どきの部下のギャップを解き明かしていきます。   題名 上司の常識は、部下にとって非常識~イ

続きを見る

竹鶴とリタの夢 余市とニッカウヰスキー創業物語

日本ウイスキーの父、竹鶴政孝と妻リタの物語 連続テレビ小説「マッサン」で描かれていない姿を知ることができます。 題名 竹鶴とリタの夢 余市とニッカウヰスキー創業物語 著者 千石涼太郎(せ

続きを見る

断らない人は、なぜか仕事がうまくいく

好き嫌いにかかわらず、頼まれたのなら断らずにやってみる。そして、それに一生懸命に取り組み、分からないことは勉強し、一つ一つクリアしながら進んでいく。そんな「断らない生き方」の延長線上に必ずチャンスが現

続きを見る

三ツ星料理人、世界に挑む。

パリでの日本料理店〈OKUDA〉の開店。一度決めたらやり通す。困難は覚悟の上でしたが、「意地でも形にする」と決心した先に、待っていたのは世にも不思議な出来事ばかりでした。  題名 三つ星料理人、

続きを見る

スポンサーリンク

スポンサーリンク

「想い」と「アイデア」で世界を変える ゴミを宝に変えるすごい仕組み 株式会社ナカダイの挑戦

「失敗なんてない!」 世の中で言われているところの失敗というのは

初対面で話がはずむ おもしろい伝え方の公式

どうやったらおもしろい伝え方ができるのか。 元落語家であり、ベテ

仕掛学 人を動かすアイデアのつくり方

問題解決を促すアプローチは、さまざまあります。 どうせなら笑顔に

やむなく営業に配属された人が結果を出すために読む本

売れないのは、商品のせいではありません。あなたが商品の魅力をうまく伝え

頭を下げない仕事術

なかなか相手のOKを引き出せない方、どんなに熱心に頭を下げてもイエスを

→もっと見る

PAGE TOP ↑