*

P・F・ドラッカーの理論をビジネスに結びつける解説書

公開日: : 最終更新日:2014/12/01 経営・戦略 , ,

次のようなP・F・ドラッカーの言葉があります。

「リーダーシップとは行動である。

マネジメントとは成果を出すことである。」

 

マネジメントの基本と原則は学ぶことができます。

やり方がわかれば、あなたの会社を未来に続くすばらしい会社にかえることができます。

 

BHkUzGcc006aCd31408504239_1408504253

題名 小さな会社こそが実行すべき ドラッカー経営戦略 (アスカビジネス)
著者 和田一男(わだ かずお)
発行 明日香出版社

 

内容

著者の和田一男氏は株式会社リクルートで営業部長、西東京支社支社長を兼務され、2000年に企業再建、組織変革などを主な業務とする、株式会社ブレインパートナーを設立し代表取締役をつとめられています。

40年以上も前に書かれた書物でありながら現在でも高い人気をほこっている経営書があります。それは、P・F・ドラッカーの経営書です。経営やマネジメントを行う上で基本となる理論を整理し、経営の本質をまとめて書かれてあり、経営者のバイブルとなっています。

P・F・ドラッカーの書物の内容は大きく分けると次の3つになります。

①個人の成果やキャリア
②組織、マネジメント、会社の経営など
③社会、経済、政治の変化について

本書では、②の部分について解説してあり、P・F・ドラッカーの理論や哲学を実践につなげるためのガイドブックとなっています。

 

こんな方におすすめ!

・P・F・ドラッカーの理論を実際の経営に役立てたいと考えている方

・来期の経営計画を立案されている方

・成果を出すために組織を再編したいと考えている方

 

感想

様々な経営に関する書物が書店に並んでいますが、P・F・ドラッカーの理論を応用したものも多く見うけられますね。数年前に大ヒットした「もしドラ」で再ブレイクをはたした感があります。

わたしも何冊か読んだことがありますが、理論としてはすばらしく大変感銘をうけた記憶があります。しかし、わたしには学がないので、その理論をいかにして経営に活かしていくかとなると、また別問題でジレンマを感じたものです。

本書は、P・F・ドラッカーの理論を実践につなげるためのガイドブック的な内容となっています。

企業の存在理由は何でしょう? これは基本中の基本の質問ですね。P・F・ドラッカーは次のように定義をしています。

 

企業の目的は、顧客の創造である。

 

顧客の創造とは、顧客の欲求を満足させることなんです。お客様第一なんてあたり前のような気がしますが、実際のビジネスを考えてみるとどうでしょうか。

お客様の満足とは名ばかりで、自社の売上目標を達成するのに躍起になっている、そんな現実があるのではないでしょうか。

日々の営業活動も大切ですが、

 

我々の事業は何か。何であるか。

 

のような自社の現状や今後進むべき方向を、P・F・ドラッカーの理論を使い、じっくりと考える時間も必要と感じました。

 

目次

第①章 [基礎編] 企業活動の基本

第②章 [現状分析編] 自社を見直す

第③章 [経営戦略の基本編] 勝つための戦略とイノベーション

第④章 [組織設計編] 会社に適した構造をつくる

第⑤章 [マネジメント編] 成果を生みだす手段

第⑥章 [目標管理制度編] 組織を目標達成に導く

第⑦章 [トップマネジメント編] 経営者しかできない仕事

 

【今日紹介した本】

小さな会社こそが実行すべき ドラッカー経営戦略 (アスカビジネス)

 

↓ランキング参加しています!
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

スポンサーリンク

関連記事

KINGJIM ヒット文具を生み続ける独創のセオリー

独創的なアイデアを実現し、ユニークな商品を次々と世に送りだすキングジム。 どのような組織運営で

記事を読む

スノーピーク「好きなことだけ!」を仕事にする経営

せっかくものをつくるなら、今までにない製品を作ったほうがいい。他社のマネをした製品はすぐに陳腐化し、

記事を読む

V字回復の経営 2年で会社を変えられますか

「2年で黒字化できなければ、退任します」。不振事業再建にのり出した黒岩莞太は、業績を回復させることが

記事を読む

中小企業だからできる難局を乗り切るビジネスモデル創出法

厳しい経営環境だからこそ、「攻めの経営」に転じましょう。 そして、攻めの経営を支える武器こそが

記事を読む

独立起業を考えている人と中小企業経営者に読んでもらいたい ランチェスター経営7つの成功戦略

経営は実践、経営学は机上の空論でしかありません。しかし、経営者が直面する問題の90%の解決法は、過去

記事を読む

稲盛和夫の経営問答 従業員をやる気にさせる7つのカギ

組織の命運はすべてリーダーにかかっています。多くの社員や家族の生活を預かるリーダーは、その使命の重要

記事を読む

メイドインジャパンをぼくらが世界へ

衰退産業と言われるアパレルと日本酒業界で、異例の躍進を続ける二人の若手経営者が、日日本のモノづくり「

記事を読む

ビジネス思考モデル 既存ビジネスから「イノベーション」を生む7つの視点

本書は、目まぐるしく変化し、先の見えない環境の中で働く方が、新しい価値創造の機会を発見し、「イノベー

記事を読む

「空気」でお客様を動かす

人が何かを買うときに合理的な考えに基づいて、すべてを決めているわけではありません。人はその場の「空気

記事を読む

ガバガバ儲けるブランド経営 コスト0円で「儲ける体質」に会社を変える

ブランドから会社を見直すことは、最も簡単で社員を賢くし、かつ継続的な儲けを生み出すチャンスになります

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スポンサーリンク

「想い」と「アイデア」で世界を変える ゴミを宝に変えるすごい仕組み 株式会社ナカダイの挑戦

「失敗なんてない!!」 世の中で言われているところの失敗というの

初対面で話がはずむ おもしろい伝え方の公式

どうやったらおもしろい伝え方ができるのか。 元落語家であり、ベテ

仕掛学 人を動かすアイデアのつくり方

問題解決を促すアプローチは、さまざまあります。 どうせなら笑顔に

やむなく営業に配属された人が結果を出すために読む本

売れないのは、商品のせいではありません。あなたが商品の魅力をうまく伝え

頭を下げない仕事術

なかなか相手のOKを引き出せない方、どんなに熱心に頭を下げてもイエスを

→もっと見る

PAGE TOP ↑