*

やむなく営業に配属された人が結果を出すために読む本

売れないのは、商品のせいではありません。あなたが商品の魅力をうまく伝えられていないからかもしれません。

自分が変ることで、今まで伝えきれていなかった商品の魅力を引き出し、売れる営業パーソンになることができます。

題名 やむなく営業に配属された人が結果を出すために読む本 (アスカビジネス)
著者 長谷川千波(はせがわ・ちなみ)
発行 明日香出版社

内容

著者の長谷川千波さんは、営業コンサルティング会社LUNA株式会社代表取締役。教材販売会社の中央出版時代は、営業成績低迷でクビ寸前となるも、3年目にして一念発起して社内セールスコンテストで表彰の常連となる。

26歳で営業所長に抜擢されてからは、人材開発に尽力し、参画した新規事業では配下の組織を業界NO1に押し上げる。

2008年に独立し、営業に関する研修活動やセミナーを行っている。

著者は、口下手で人見知りの性格だと言いますが、正社員になりたいという一心で営業という職種を受入れます。

はじめの2年は、「泣かず飛ばず」で本当に苦しみましたが、徐々に売れるようになり、所属の事業会社で1番の成績を出せるようになっていきます。

その過程で気づいたのは、性格を含め自分を無理に変える必要はないということです。「心の持ちよう」と「行動のとり方」を変えることで、人はいくらでも能力を伸ばすことができると著者は語っています。

本書は、自分の希望とは違い営業に配属されてしまった方、営業のコツがなかなかつかめない方などへ向けて、著者の経験をもとにして書き下ろした本です。

いま味わっている不安や失望を自信に変える秘訣・・・つまり「営業で結果を出す!」ための心の整え方、行動、ツール作成術といった誰にでもできる実践法を教えてくれています。

こんな方におススメ!

☆口下手で営業という仕事に苦手意識がある方
☆営業として人から嫌われるのが怖い方
☆営業で結果を出したい人

感想

売れる営業パーソンになるには、「一流の役者」になることだと感じました。それもプロの役者です。

プロなのですから、お客様の心を動かし満足してもらわなければなりません。それにはまず、この舞台のストーリー、そして自分の演ずる人物の設定をしっかり頭に入れなければなりません。

その人物の性格や振るまいが本来の自分の性格とかけ離れている、気に入らないなどあるかもしれません。しかし、そこはプロです。自分が気に入る、演じていて楽しいではなく、見ているお客様が満足すればそれで良いのです。

著者は次のように言っています。

自分が消費者ならこの商品を買うかどうか、そんな基準で商品の価値を決めつけない

 

買うかどうか決めるのは、お客様

自分が気にくわない役柄(商品)でも、特性、開発秘話など、知らない魅力がまだあるあるかもしれません。商品の良さに目を向けて、自分が一番のファンになることで、自信をもってお客様に向かうことができるようになるでしょう。

ここで大切なのは、ファンになるためには商品のことを良く勉強しなければならないということです。

勉強して知識を蓄積していけば、説得力が厚みを増すだけでなく、お客様のちょっとしたつぶやきにも機敏に反応することができるようになります。

そうすることで、間違いなくお客様の「ほしい」という気持ちをすくいとれるようになるでしょう。

ここで、怖いのが

お客様は、準備してきたかどうか、予想以上に見抜いている

ということです。言葉に出さなくても、心の中で審判を下しているものだと著者も語っていますので、勉強することのプラス要因だけでなく、勉強しないことのマイナス要因もしっかり考えて行動しなければなりませんね。

お客様が目の前にいる、いないに関らず、いかに「真摯」に仕事に取り組めるかが成功のポイントなのではないでしょうか。

目次

第1章 結果を出す人は気持ちを整えている![マインドセット編]

第2章 スイッチひとつで売れる人へ![ペルソナ編]

第3章 売れる人ほど徹底している![営業準備編]

第4章 協力をあおいで受注率UP![ロールプレイ編]

第5章 相手の興味を引きつける![アプローチ編]

第6章 相手から情報を収集して優位に進める![ヒアリング編]

第7章 買いだと思わせる![提案・商品説明編]

第8章 お客様の気持ちを後押しする![クロージング編]

第9章 ときにトークよりも使える[営業ルール編]

【今日おススメした本】
やむなく営業に配属された人が結果を出すために読む本 (アスカビジネス)

スポンサーリンク

関連記事

頭を下げない仕事術

なかなか相手のOKを引き出せない方、どんなに熱心に頭を下げてもイエスを引き出せない方、そういう方に本

記事を読む

スノーピーク「好きなことだけ!」を仕事にする経営

せっかくものをつくるなら、今までにない製品を作ったほうがいい。他社のマネをした製品はすぐに陳腐化し、

記事を読む

「明日、営業に行きたくない!」と思ったら読む本

「何を話したらいいのか分からない」「営業が怖い」「営業に行きたくない」 これは、初めて営業とい

記事を読む

どんな仕事でも必ず成果が出せる トヨタの自分で考える力

トヨタの社員は日々の仕事の中で、一人ひとりが問題を見つけ出し、プロセスを改善し、さらにそれらを共有す

記事を読む

スティーブ・ジョブズのプレゼン資料はなぜスゴイのか?

皆さんが資料作成に費やす時間は、かなりの量になるのではないでしょうか。そのためにプライベートの時間を

記事を読む

「空気」でお客様を動かす

人が何かを買うときに合理的な考えに基づいて、すべてを決めているわけではありません。人はその場の「空気

記事を読む

絶対達成する部下の育て方

どんなにすばらしい商品でも、どんなに知識があっても、100%のお客様が自社の商品を買ってくれるという

記事を読む

「買わない」理由、「買われる」方法

「消費者が買わない理由は何なのか?」 本書は、「買わない」理由のなかに現代の消費の本質があると

記事を読む

仕事の速い人は150字で資料を作り3分でプレゼンする

この本は「計る」「数える」「記録する」といった、仕事を分解し細部までこだわる姿勢を教えます。

記事を読む

お客が値切ってくるのは常識。「高い」と言われても売る営業スキル

お客の発する「高いなぁ」の一言 どうしよう…と悩んでいる方。 断られても値切られても対処

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スポンサーリンク

「想い」と「アイデア」で世界を変える ゴミを宝に変えるすごい仕組み 株式会社ナカダイの挑戦

「失敗なんてない!!」 世の中で言われているところの失敗というの

初対面で話がはずむ おもしろい伝え方の公式

どうやったらおもしろい伝え方ができるのか。 元落語家であり、ベテ

仕掛学 人を動かすアイデアのつくり方

問題解決を促すアプローチは、さまざまあります。 どうせなら笑顔に

やむなく営業に配属された人が結果を出すために読む本

売れないのは、商品のせいではありません。あなたが商品の魅力をうまく伝え

頭を下げない仕事術

なかなか相手のOKを引き出せない方、どんなに熱心に頭を下げてもイエスを

→もっと見る

PAGE TOP ↑