*

「明日、営業に行きたくない!」と思ったら読む本

公開日: : 営業・販売 ,

「何を話したらいいのか分からない」「営業が怖い」「営業に行きたくない」

これは、初めて営業という仕事をされる方誰もが抱く感情です。決してダメなことではありません。

誰にでも起こりうる、この感情をラクにするヒントが本書にあります。

Cbx6K_yjwRUBzj31465874407

題名 「明日、営業に行きたくない! 」と思ったら読む本 (DOBOOKS)
著者 太田和雄(おおた・かずお)
発行 同文舘出版株式会社
定価 1,300円+税

内容

著者の太田和雄さんは、1992年金沢大学工学部卒業後、株式会社リクルートフロムエー(現・リクルートジョブズ)入社。入社当時は、売れない営業マンだったが、「新規開拓営業の理由=お客様のためになること」をつくり出すノウハウで、デキる営業マンとして評価されるようになる。

その後新人教育担当として力を発揮し、育てた新人は1,000人以上にのぼる。またリクルートの社内報にて「Mr.X」のペンネームで執筆していた営業コラムが評判となる。

2014年株式会社リクルートジョブズを退職し、現在は株式会社ジョブマーケティング北海道の代表取締役として活躍されている。

「営業が怖い」
「営業に行くのが嫌だ」

と思うのは、営業マンなら誰でも経験することです。これは自然な感情なので、決して落ち込むことはありません。こんな誰にでも起こりうる感情を少しでも和らげる助けになりたいとの思いから本書は書かれています。

「何を話していいかわからない」が「一度、こう試してみようか」

「明日、営業に行きたくない」が「これなら、訪問できるかも」

に変わる。皆さんが明日から営業に行くという心の負担を少しでも減らし、毎日イキイキ働くことができるように、新人営業たちに教えた考え方や具体的な方法を紹介します。

1~2章では、「何を話したらいいのかわからない」といった営業という仕事を始めて間もない人に起こる感情について。

3章では、営業先に出向くことはできるが、「成果があがらないので、段々と怖くなってきている」といった営業のキャリアを少し積んでいる人に起こる感情について、その解決策を伝えます。

本書の利用法としては、「そっくり真似して実行する」ことをすすめています。すぐに結果はでないかもしれませんが、しばらく続けていると今までになかった変化が表れ、心の負担もきっと軽くなることでしょう。

こんな方におススメ

☆営業に行きたくない!と思ったことがある方
☆「結構です!」と断られたときの対応方法を知りたい方
☆お客様の信頼を獲得する術を身につけたい方

感想

著者は冒頭部分で、

明日実践して即、成果につながるような魔法の言葉は正直、営業現場ではほとんどありません。

と語っています(p.24)。

ですので、即効性は期待してはいけませんが、根気強く続けていると少しずつ営業に行くことがラクになるアドバイスがたっぷりつまっています。

たしかに営業は、ストレスの多い職種で、とくに飛び込み営業などは、担当者に会うのも一苦労です。なので、考え方を少し変えて、

飛び込み営業は断られて当たり前。怒られて当たり前

と思うこと(慣れないとなかなか難しいですが…)です。そうすれば、怒られたり冷たくされるのは当たり前で、むしろ相手をしてくれる人はものすごくありがたい人なのです。

担当者でなくても応対してくれた人は、忙しい時間を割いてくれているので、しっかり感謝と礼を尽くすことが大切です。

応対してくれるどんな人に対しても、名刺を出して自分の紹介と訪問の目的をしっかり告げるなど、誠実な振る舞いを続けることで、きっとどこかで誰かに気持ちが伝わると著者は言います。このことは以下のように言い表しています。

常に不在の担当者に固執しない。対応してくれる人の顔なじみになれるよう工夫を心がけよう

直接の担当者でなくても、応対してくれる人に対して誠実に接することで、その人との結びつきが深まります。

そうすることで訪問もしやすくなりますし、さらに、自分を知っていただくことで、こちらの情報も担当者に伝えてもらえるようになり、商談につながる確率も高まるのです。

結局は、人と人の結びつきなんですね。

難しく考えずに出会う人それぞれに想いをもって、「この人のために何ができるのか?」「何をすれば喜んでもらえるのか?」と考え行動することで、思わぬところで巡り巡って自分に返ってくるものだと感じました。

著者も次にように文章を締めくくっています。

自分のことよりも相手の気持ちをまず考えよう。
そうすれば、思わぬ成果につながっていく

目次

序章 明日、営業に行きたくないあなたへ

1章 飛び込み営業 ~初めてのご挨拶

2章 2回目以降の継続訪問

3章 お客様の信頼獲得

【今日おススメした本】
「明日、営業に行きたくない! 」と思ったら読む本 (DOBOOKS)

スポンサーリンク

関連記事

「買わない」理由、「買われる」方法

「消費者が買わない理由は何なのか?」 本書は、「買わない」理由のなかに現代の消費の本質があると

記事を読む

どんな仕事でも必ず成果が出せる トヨタの自分で考える力

トヨタの社員は日々の仕事の中で、一人ひとりが問題を見つけ出し、プロセスを改善し、さらにそれらを共有す

記事を読む

仕事の速い人は150字で資料を作り3分でプレゼンする

この本は「計る」「数える」「記録する」といった、仕事を分解し細部までこだわる姿勢を教えます。

記事を読む

スノーピーク「好きなことだけ!」を仕事にする経営

せっかくものをつくるなら、今までにない製品を作ったほうがいい。他社のマネをした製品はすぐに陳腐化し、

記事を読む

頭を下げない仕事術

なかなか相手のOKを引き出せない方、どんなに熱心に頭を下げてもイエスを引き出せない方、そういう方に本

記事を読む

絶対達成する部下の育て方

どんなにすばらしい商品でも、どんなに知識があっても、100%のお客様が自社の商品を買ってくれるという

記事を読む

「空気」でお客様を動かす

人が何かを買うときに合理的な考えに基づいて、すべてを決めているわけではありません。人はその場の「空気

記事を読む

スティーブ・ジョブズのプレゼン資料はなぜスゴイのか?

皆さんが資料作成に費やす時間は、かなりの量になるのではないでしょうか。そのためにプライベートの時間を

記事を読む

お客が値切ってくるのは常識。「高い」と言われても売る営業スキル

お客の発する「高いなぁ」の一言 どうしよう…と悩んでいる方。 断られても値切られても対処

記事を読む

やむなく営業に配属された人が結果を出すために読む本

売れないのは、商品のせいではありません。あなたが商品の魅力をうまく伝えられていないからかもしれません

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スポンサーリンク

「想い」と「アイデア」で世界を変える ゴミを宝に変えるすごい仕組み 株式会社ナカダイの挑戦

「失敗なんてない!!」 世の中で言われているところの失敗というの

初対面で話がはずむ おもしろい伝え方の公式

どうやったらおもしろい伝え方ができるのか。 元落語家であり、ベテ

仕掛学 人を動かすアイデアのつくり方

問題解決を促すアプローチは、さまざまあります。 どうせなら笑顔に

やむなく営業に配属された人が結果を出すために読む本

売れないのは、商品のせいではありません。あなたが商品の魅力をうまく伝え

頭を下げない仕事術

なかなか相手のOKを引き出せない方、どんなに熱心に頭を下げてもイエスを

→もっと見る

PAGE TOP ↑