*

「人真似は、自分の否定だ」 クリエーターの60訓

広告や制作の専門的な知識ではなく「職業人の知識」を現場での「対話」を通して伝えていきます。

変化に対応し厳しいビジネスという荒波を乗り越えてきた先人たちの体験や経験から発せられる言葉には普遍性があり、「なるほど!」という新しい理解が深まります。

 

jQtvXgqKnuEj4sK1419057415

題名 「人真似は、自分の否定だ」クリエイターの60訓
著者 高橋宣行(たかはし・のぶゆき)
発行 株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン

 

内容

著者の高橋宣行氏は、1968年に博報堂入社。2000年より関連会社役員を経て、現在はフリープランナー、企業のブランディング、研修講師、執筆活動などで活躍されています。

ビジネスの現場では、何ひとつ同じ課題はありません。人もモノも情報もこれだけ激しく動いているのですから、同じになるはずはありません。

こんな激動の時代において、ビジネスで結果を残すためには、その動いている瞬間をとらえながらさらに先を読んで行動することです。

今のビジネスは本もマニュアルも役に立たない、つねに新しい違いをつくることを求められていると著者はいいます。

では、この状況の中で私たちはどのように対応していけばいいのでしょうか。

残念ながら明確な答えはありません。しかし、著者が30年を超える制作現場の生活で、上司・先輩・同僚から学んだ「考え方・生き方・仕事の仕方」を現場での「対話」を通して教えてくれています。

博報堂出身ということで、広告や制作に話が偏っていると思ってしまいますが、そうではなく普遍的なモノづくりの「知恵」を届けてくれています。

ひとつひとつの言葉に「なるほど!」「そういうことか」「それは気がつかなかった」と腑に落ちる言葉が60訓として収録されています。

 

こんな方におススメ!

・新しい企画を考えている方
・商品企画担当の方
・プレゼンテーションを成功させたい方

 

感想

人の心の真髄をまとめた本だと思いました。

モノをつくる側の気持ち、モノを買う側の気持ち、上司の気持ち、あるいはビジネスマンとして生き抜いていくための部下の気持ちなど、あらゆる角度、あらゆる立場からビジネスを行う上での心のあり方を深い言葉で教えてくれています。

全部で60訓ありますが、ひとつひとつが心に染み入りました。私の心に残った言葉は以下でした。

 

“発想って、結局、人柄だよ”

いかに考え、それをいかに伝えるかは自分の経験や人格から出てくるもので、自分の持っている範囲は超えることはないということです。

 

“努力できることが才能だ”

人間はそんなに差があるものではなく、しつこく考え継続できる人が成功する。

 

“優しさって、想像力だ”

思いやりとか気くばりは、道徳の問題ではなく創造力の問題だと言います。相手の立場に立ち、相手の気持ちが読めてこそコミュニケーションは成立します。

 

“いいけど、好きじゃない”

正しいことだし理屈としては分かるけど、それだけでは相手は心の中でうなずいてくれません。

 

“普通のことに、もっと敏感になろうよ”

奇抜なことをして人を驚かせることは簡単だが、普通のことで「今までなぜこれができなかったんだろう」と思わせるのは難しい。

 

実際の体験や経験から発せられる言葉には重みがあり、仕事の壁にぶちあたったとき、それを乗り越えるために試行錯誤して考えに考え抜いた言葉は、とくにシンプルでありながら人の心に響くものが多いと感じました。

人の心をどうやって動かすか、そこにビジネスが成功するポイントがあるのではないでしょうか。

 

目次

PART-Ⅰ 姿勢 stance

PART-Ⅱ 創造 creation

PART-Ⅲ 実践 action

 

今日紹介した本

「人真似は、自分の否定だ」クリエイターの60訓

 

↓ランキング参加しています!
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

スポンサーリンク

関連記事

お客様の心をつかむ「色」の使い方

カタログやポスター、パッケージや包装紙、壁紙や窓わくの色をもう少し商品やターゲットに合う色にしたいと

記事を読む

伝わっているか?

なんとかして「伝えよう」として、がんばればがんばるほど空回りしてしまう。   それ

記事を読む

スノーピーク「好きなことだけ!」を仕事にする経営

せっかくものをつくるなら、今までにない製品を作ったほうがいい。他社のマネをした製品はすぐに陳腐化し、

記事を読む

三ツ星料理人、世界に挑む。

パリでの日本料理店〈OKUDA〉の開店。一度決めたらやり通す。困難は覚悟の上でしたが、「意地でも形に

記事を読む

難関資格・東大大学院も一発合格できた! 考える力を鍛える「穴あけ」勉強法

文章に穴があいた途端「これは何?」と目が止まります。そして、前後の言葉を頼りに考えをめぐらせ、穴の答

記事を読む

これぞ、ザ・ネーミング~。

お客様がふともらす、心の“ボヤキ”を生で聞き、それに応える“義理と人情”のものづくり。 お客様

記事を読む

ヤバイ出世学 気弱なあなたも会社で一目置かれる心理術

出世する人と出世できない人の違いは何でしょう?それは「評価されるルール」に従って行動しているか否かで

記事を読む

プレゼンできない社員はいらない

私たちは毎日のように何らかのプレゼンを行っています。 上司に対して、会議の中で、お客様に対して

記事を読む

「嫌なこと」をマイナスにとらえないで、自分を変えるチャンスと考えよう

「嫌なこと」があったときに、あなたはどう対応していますか? 「あ~めんどうだな~」 「嫌だな

記事を読む

世界一の庭師のビジネスの流儀

大きな仕事、真剣勝負のビジネスであればあるほど、チャンスはそう簡単に巡ってきません。 そんな場

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

「想い」と「アイデア」で世界を変える ゴミを宝に変えるすごい仕組み 株式会社ナカダイの挑戦

「失敗なんてない!」 世の中で言われているところの失敗というのは

初対面で話がはずむ おもしろい伝え方の公式

どうやったらおもしろい伝え方ができるのか。 元落語家であり、ベテ

仕掛学 人を動かすアイデアのつくり方

問題解決を促すアプローチは、さまざまあります。 どうせなら笑顔に

やむなく営業に配属された人が結果を出すために読む本

売れないのは、商品のせいではありません。あなたが商品の魅力をうまく伝え

頭を下げない仕事術

なかなか相手のOKを引き出せない方、どんなに熱心に頭を下げてもイエスを

→もっと見る

PAGE TOP ↑