*

「想い」と「アイデア」で世界を変える ゴミを宝に変えるすごい仕組み 株式会社ナカダイの挑戦

「失敗なんてない!」

世の中で言われているところの失敗というのは、単に最初の予想と結果が違っていたというだけのこと。

失敗を恐れて行動を起こさないことこそが、最大のリスクなのです。


題名 「想い」と「アイデア」で世界を変える ゴミを宝に変えるすごい仕組み 株式会社ナカダイの挑戦
著者 中台澄之(なかだい・すみゆき)
発行 SBクリエイティブ株式会社

内容

著者の中台澄之さんは、1972年生まれ。東京理科大学理学部数学科卒業後、証券会社での勤務の後、株式会社ナカダイ入社。鉄スクラップ業から総合リサイクル業へと会社を飛躍させる。

また、使い方を創造し、捨て方をデザインする、「リマーケティングビジネス」を考案し、2013年度グッドデザイン賞Best100など、数々の賞を受賞する。

企業には、「廃棄物を減らしましょう」と提案しながら、本当に廃棄物が減れば自社の収益が悪化するという現実に著者は悩ませられました。

「廃棄物処理業を、誰に対しても誇りが持てるようにすることと、廃棄物を減らして収益を上げることを両立することはできないのか?」

そんな疑問に対して著者がたどり着いた解答はこうでした。

「廃棄物をゴミとして扱うのではなく、廃棄物から『素材』を生産する」

廃棄物を素材ごとに分類し直し、さらに、それらを必要とする人に提案するというビジネスモデルをつくり上げる。そうすることで、これまで処分するしかなかった廃棄物が、再び素材として息を吹き返します。

環境ビジネスへの注目の高まりとともに、株式会社ナカダイの事業は順調に推移し、それに伴い多くのメディアから注目されるようになりました。

本書では、これまでの株式会社ナカダイの取組み、そして、これからどこを目指していくのか紹介しています。

また、著者のビジネスに対する考え方や仕事術、そしてそれらの考えに至るまでの生い立ちなども交えて振り返っています。

同業社や経営者の方だけでなく、若いビジネスパーソンにも自分と重ねながら参考になる部分を見つけ読んでいただきたい一冊です。

こんな方におススメ!

☆新規事業を立ち上げようとしている方
☆業界の古い慣習を打ち破りたいと考えている方
☆もっと自分を成長させたいと考えている方

【今日おススメした本】
「想い」と「アイデア」で世界を変える ゴミを宝に変えるすごい仕組み 株式会社ナカダイの挑戦

スポンサーリンク

関連記事

「グレー企業」になりなさい!

「グレー企業」とは、疑わしい会社という意味ではありません。 大手企業のような待遇を約束できない

記事を読む

KINGJIM ヒット文具を生み続ける独創のセオリー

独創的なアイデアを実現し、ユニークな商品を次々と世に送りだすキングジム。 どのような組織運営で

記事を読む

P・F・ドラッカーの理論をビジネスに結びつける解説書

次のようなP・F・ドラッカーの言葉があります。 「リーダーシップとは行動である。 マネジ

記事を読む

反省しない。

失敗してもいいから、少しでもいいので行動してみましょう。 行動していけば、地域も会社もあなたも

記事を読む

トヨタで学んだ「紙1枚!」にまとめる技術 [超実践編]

著者がトヨタで学んだ「紙1枚」にまとめる技術は、頭の中のゴチャゴチャをすっきりさせてくれる、シンプル

記事を読む

一流のプロの“頭の中”にある仕事の道具箱

一流と呼ばれ仕事ができる人たちは、短時間で効率よく膨大な仕事をこなし、しかも質の高い成果をあげていま

記事を読む

「人真似は、自分の否定だ」 クリエーターの60訓

広告や制作の専門的な知識ではなく「職業人の知識」を現場での「対話」を通して伝えていきます。 変

記事を読む

「嫌なこと」をマイナスにとらえないで、自分を変えるチャンスと考えよう

「嫌なこと」があったときに、あなたはどう対応していますか? 「あ~めんどうだな~」 「嫌だな

記事を読む

三ツ星料理人、世界に挑む。

パリでの日本料理店〈OKUDA〉の開店。一度決めたらやり通す。困難は覚悟の上でしたが、「意地でも形に

記事を読む

「空気」でお客様を動かす

人が何かを買うときに合理的な考えに基づいて、すべてを決めているわけではありません。人はその場の「空気

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スポンサーリンク

「想い」と「アイデア」で世界を変える ゴミを宝に変えるすごい仕組み 株式会社ナカダイの挑戦

「失敗なんてない!」 世の中で言われているところの失敗というのは

初対面で話がはずむ おもしろい伝え方の公式

どうやったらおもしろい伝え方ができるのか。 元落語家であり、ベテ

仕掛学 人を動かすアイデアのつくり方

問題解決を促すアプローチは、さまざまあります。 どうせなら笑顔に

やむなく営業に配属された人が結果を出すために読む本

売れないのは、商品のせいではありません。あなたが商品の魅力をうまく伝え

頭を下げない仕事術

なかなか相手のOKを引き出せない方、どんなに熱心に頭を下げてもイエスを

→もっと見る

PAGE TOP ↑