*

子どもはみんな問題児

公開日: : ノンジャンル ,

初めは誰もわからなくて戸惑うばかりです。

焦らないでだいじょうぶ。悩まないでだいじょうぶ。

子どもはみんな、親が大好きなのですから。
FiN5UD5DdvlPn3S1441412010

題名 子どもはみんな問題児。
著者 中川李枝子(なかがわ・りえこ)
発行 株式会社新潮社

内容

中川李枝子さんは、1935年札幌生まれ。絵本『ぐりとぐら』シリーズの著者として有名で、『ぐりとぐら』は現在まで10カ国語に翻訳されています。また、ジブリ映画「となりのトトロ」の楽曲「さんぽ」の作詞でも知られています。

本書は、絵本作家として今でも現役で活躍されている中川さんが、自身の子育てや17年間勤めた保母としての経験から、子どもを育てる楽しさ、よろこび、あるいは難しさをやさしい語り口で教えてくれています。

1章「お母さんが知らない、保育園での子どもたち」では、見えるもの、感じたことをそのままストレートに表現する子どもたちの行動について。

2章「『りえこせんせい』が子どもに教わったこと」では、子どもと遊びの関係について。

3章「子育ては『抱いて』『降ろして』『ほっといて』」では、子どもの強さと弱さについて。

4章「本は子どもと一緒に読むもの」では、読み聞かせの方法について。

5章「いいおかあさんって、どんなお母さん?」では、親の役割について書いています。

子どもは、おさなく弱いものだから守るべき存在というだけでなく、逆に子どもの強さ、感性の豊かさ、物事を見る目の純粋さから教えられることも多く、一生懸命育てるというより寄りそいながら一緒になって育つという、楽しみながらムリをしない子育てを教えてくれています。

こんな方におススメ!

☆子育てがうまくいかないと悩んでいる方
☆子どもの考えていることがわからないと悩んでいる方
☆子どもにとっての、「いい親」になりたいと思っている方

感想

絵本の『ぐりとぐら』は知っていましたが、同じ方が「となりのトトロ」の楽曲「さんぽ」の作詞もされていたと知りおどろきました。うちの子どもたちも「となりのトトロ」が大好きで、何十回もビデオを見たものです。

さて、以前違う本で、「子育ては見すぎてはいけない」というようなことが書いてありました。ケガをさせないなど危険がおよばないようにすることは必要ですが、見すぎてしまうと子どもの悪いところしか目に入ってこなくなってしまうということらしいです。

つかず離れず、子どもが寄ってきたら答えてあげ、離れていったら見守ってあげる。このくらいがちょうどいいのかもしれません。

また、子どもの育て方は「見る」のではなく、親の姿を「見せる」ほうが大切だという考え方もあるようです。

話しをしっかり聞いてあげる姿、感情的になり怒らない姿、夫婦仲良くケンカをしない姿など、子どもは見ていないようで肌で感じ手本として大きくなっていくのです。

ですから子どもを育てるのではなく、子どもと一緒になって成長していくというのが正しい子育てなのかもしれませんね。

目次

1.お母さんが知らない、保育園での子どもたち
2.『りえこせんせい』が子どもに教わったこと
3.子育ては『抱いて』『降ろして』『ほっといて』
4.本は子どもと一緒に読むもの
5.いいおかあさんって、どんなお母さん?

【今日紹介した本】
子どもはみんな問題児。

Amazon

↓ランキング参加しています!

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

スポンサーリンク

関連記事

佐藤優さん、神は本当に存在するのですか? 宗教と科学のガチンコ対談

無神論者の竹内久美子さんとキリスト教徒の佐藤優さんが、宗教や神をめぐる紙上バトルを繰り広げます。

記事を読む

竹鶴とリタの夢 余市とニッカウヰスキー創業物語

日本ウイスキーの父、竹鶴政孝と妻リタの物語 連続テレビ小説「マッサン」で描かれていない姿を知る

記事を読む

ていうか、男は「好きだよ」と嘘をつき、女は「嫌い」と嘘をつくんです。

男と女は異質な生き物です。 では、男は女のどこに惹かれ、女は男のどこに惹かれるのでしょうか?

記事を読む

経済と“世界の動き”が見えてくる!東大のクールな地理

ふだんニュースや新聞、SNSをチェックしていても、なかなか見えてこない本質的な「世界の見え方」や「時

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スポンサーリンク

「想い」と「アイデア」で世界を変える ゴミを宝に変えるすごい仕組み 株式会社ナカダイの挑戦

「失敗なんてない!」 世の中で言われているところの失敗というのは

初対面で話がはずむ おもしろい伝え方の公式

どうやったらおもしろい伝え方ができるのか。 元落語家であり、ベテ

仕掛学 人を動かすアイデアのつくり方

問題解決を促すアプローチは、さまざまあります。 どうせなら笑顔に

やむなく営業に配属された人が結果を出すために読む本

売れないのは、商品のせいではありません。あなたが商品の魅力をうまく伝え

頭を下げない仕事術

なかなか相手のOKを引き出せない方、どんなに熱心に頭を下げてもイエスを

→もっと見る

PAGE TOP ↑