*

なぜあなたは食べ過ぎてしまうのか

公開日: : 最終更新日:2014/12/01 生活・健康 ,

なぜついつい食べ過ぎてしまうのでしょうか?

それは食べることが“快楽”だからです。

美味しいと感じると脳内で「幸せホルモン」といわれるβ―エルドルフィンという物質が分泌されるのです。

食べ過ぎてしまうのは、けっして意志が弱いからではありません。

やせられないのは、適切な方法を知らないからなのです。

 
iyvd_V4NmlPZaWX1409782376
題名 なぜあなたは食べ過ぎてしまうのか 成功率9割以上の肥満専門外来が教えるダイエットの心理学
著者 岡嵜順子(おかざき・じゅんこ)
発行 株式会社講談社

 

内容

著者の岡嵜順子氏は約20年間大阪の総合病院肥満専門外来にて、2万人以上の指導にあたり減量を成功に導いていられる方です。

食べ過ぎのパターンとして以下の3つに分けられます。

①食べ方の問題―早食い、夕食時間が遅いなど
②ストレスの問題―やけ食い、疲れたときの甘いものなど

③環境や身体の変化―タバコをやめた、一人暮らしなど

 

食べ過ぎの原因が上記のどれであっても、次の3つのステップで解消することができます。

ステップ1 食べ過ぎの「きっかけ」に気づく
ステップ2 自分にピッタリの食べ過ぎ解決法を見つける

ステップ3 行動を少し変える

このステップを上手に踏むことで、スムーズに体重が減っていき、その後の体重維持も容易になります。

苦しいやり方では長続きしません。本書では無理なく楽しく心地よくをモットーにしながら、最新の減量理論と臨床心理学に基づいて悩み別に書かれていますので、自分に合う部分を拾い読みするのもいいですね。

 

こんな方におススメ!

・メタボリック検診で減量を指示された人
・自己流のダイエットで挫折を繰り返している人

・とにかく食べることがやめられない人

 

感想

わかっちゃいるけど、どうしても食べ過ぎてしまう。そんなことありますよね。

ダイエットを色々試してみて、それなりに効果がみえたものもあったけど長続きしない…

けっきょく自分はなんて意志が弱いんだ…と自己嫌悪におちいってしまう。そんなことの繰り返しです。

ですが、本書によるとダイエットが続かないのは意志が弱いからではなく、

 

習慣がおかしい

 

のだそうです。どうしてそういう悪い習慣が身についてしまったのか、そのきっかけをしることが重要だと言います。

夕食の時間が遅いのか、時間がなくいつも早食いになってしまっているのか、タバコをやめてから食欲が増進してしまっているのか。

そのきっかけがわかることにより対処法は変わってきます。

まず、自分の生活を見つめ、悪いと思う習慣を良いものに変えていく。具体的に生活習慣を1つ変えることができれば、新しい習慣が心と身体によいリズムを与え気持ちよくダイエットを継続できます。ポイントとしては

 

新しい習慣が「楽しい」ことでなければなりません

 

無理なく楽しく心地よく、良い習慣を「楽しく」続けることにより、無理のないダイエットが継続していくようです。なにごとも無理をしては長続きしませんからね。

 

目次

第1章 こんな行動をしていませんか?

第2章 こんなストレスを抱えていませんか?

第3章 こんな変化はありませんか?

第4章 肥満外来で“食べ過ぎ”から抜け出した患者さんたち

【今日紹介した本】

なぜあなたは食べ過ぎてしまうのか 成功率9割以上の肥満専門外来が教えるダイエットの心理学

 

↓ランキング参加しています!

にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ

スポンサーリンク

関連記事

だれも継がない困った実家のたたみ方 家・土地・お墓

自分が生まれ育った実家をたたむことは、精神的にも肉体的にも、そして金銭的にも消耗します。しかし、その

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スポンサーリンク

「想い」と「アイデア」で世界を変える ゴミを宝に変えるすごい仕組み 株式会社ナカダイの挑戦

「失敗なんてない!」 世の中で言われているところの失敗というのは

初対面で話がはずむ おもしろい伝え方の公式

どうやったらおもしろい伝え方ができるのか。 元落語家であり、ベテ

仕掛学 人を動かすアイデアのつくり方

問題解決を促すアプローチは、さまざまあります。 どうせなら笑顔に

やむなく営業に配属された人が結果を出すために読む本

売れないのは、商品のせいではありません。あなたが商品の魅力をうまく伝え

頭を下げない仕事術

なかなか相手のOKを引き出せない方、どんなに熱心に頭を下げてもイエスを

→もっと見る

PAGE TOP ↑