*

仕事の速い人は150字で資料を作り3分でプレゼンする

この本は「計る」「数える」「記録する」といった、仕事を分解し細部までこだわる姿勢を教えます。 仕事を分析して、はじめてわかることがあります。 量や数字で定量化していく。仕組みを解明していく

続きを見る

会話の達人の話し方を真似したら 人見知りの僕でも楽しく雑談できました。

何を話したらいいのか分からない人は、実は「聞く」ことが苦手なのです。 意識が「話す」ことばかりにいっているから、雑談ができないのです。 意識を「聞く」ことに変えるだけで雑談は盛り上がってい

続きを見る

実践!仕事論 現場で成功した二人がはじめて語る「地方・人・幸福」

アイデアが閃くきっかけの一つは、他人の面白いアイデアに出会った時です。 今回の対談は、唐池恒二さんという偉大な経営者であり、かつ人並み外れたアイデアマンとじっくり話してみたいという、小山薫堂さん

続きを見る

読んだら忘れない読書術

どうすれば読んだ本の内容を忘れずに覚えておくことができるのでしょうか? 本をじっくりていねいに精読する、時間をかけて本を読むなどしても、それだけでは記憶に残りません。 「読んだら忘れない本

続きを見る

できる人はなぜ、「A3」で考えるのか?

「A3報告書」とは、トヨタで実際に使われている書類のフォーマットです。 このフォーマットに沿って考えることで、問題を解決することができます。 トヨタの強さの秘密が「A3報告書」に凝縮されて

続きを見る

0(ゼロ)ベース思考 ―どんな難問もシンプルに解決できる

どんな問題も一発で解決できる魔法のような方法はありません。 先入観にとらわれず、ちがう確度から、ちがう筋肉を使って、ちがう前提で考えてみましょう。 また、問題の原点に立ちもどり、すなおな心

続きを見る

正論で争いを仕掛けてくる 相手の言葉なんて真に受けるな!

自分を大切にしている人は、相手の言葉に惑わされません。 自分を大切にしている人は、相手の感情に振り回されません。 相手の言葉を真に受けない。自分が感じる「感じ方」を信じることで、争いのない

続きを見る

ディズニーがスタッフに最初に教えたこと

ディズニーリゾートで働く人の9割以上がアルバイトなどの準社員スタッフです。 短期的に入れ替わる人が多いにもかかわらず、そこで働く全員が“キャスト”として高い意識をもち、ゲストを楽しませ、感動させ

続きを見る

僕が月300時間の残業を50時間まで減らした方法

「頑張っていれば認められる」は、いまや幻想です。 自分では頑張っていると思っていても、ある日突然戦力外通告を受けることがありあます。 「必要な人」と「残業する人」は同一ではありません。今求

続きを見る

働きたいママの就活マニュアル

「過程を大事にしながらも働きたい!」 年齢・ブランク・経験などの制約があったとしても、諦めずに選択肢を広げていけば、あなたに合う理想の仕事を見つけることができるでしょう。 題名 働きたいマ

続きを見る

スポンサーリンク

「想い」と「アイデア」で世界を変える ゴミを宝に変えるすごい仕組み 株式会社ナカダイの挑戦

「失敗なんてない!」 世の中で言われているところの失敗というのは

初対面で話がはずむ おもしろい伝え方の公式

どうやったらおもしろい伝え方ができるのか。 元落語家であり、ベテ

仕掛学 人を動かすアイデアのつくり方

問題解決を促すアプローチは、さまざまあります。 どうせなら笑顔に

やむなく営業に配属された人が結果を出すために読む本

売れないのは、商品のせいではありません。あなたが商品の魅力をうまく伝え

頭を下げない仕事術

なかなか相手のOKを引き出せない方、どんなに熱心に頭を下げてもイエスを

→もっと見る

PAGE TOP ↑