*

「 仕事術 」 一覧

成功の神はネガティブな狩人に降臨する バラエティ的企画術

やりたいことを実現するためには、アイデアをレギュレーション(=規制・規則)に合わせるのではなく、アイデアがカタチになるようなレギュレーションを作ることにチャレンジするのです。 そうすることで、も

続きを見る

スティーブ・ジョブズのプレゼン資料はなぜスゴイのか?

皆さんが資料作成に費やす時間は、かなりの量になるのではないでしょうか。そのためにプライベートの時間を削り残業するなんてことも・・・ 本書が提唱する3つのルールを身につけることで、資料作成に対する

続きを見る

失敗力 30代でひと皮むけるヒント

数々の試練や苦しい時代を乗り越えたからこそ、的確で熱く胸にグッとささる言葉があります。 失敗を乗り越えながら時代の最先端を走りつづける有名人にフォーカス。そのモチベーションや失敗感にせまっていき

続きを見る

仕事の速い人は150字で資料を作り3分でプレゼンする

この本は「計る」「数える」「記録する」といった、仕事を分解し細部までこだわる姿勢を教えます。 仕事を分析して、はじめてわかることがあります。 量や数字で定量化していく。仕組みを解明していく

続きを見る

できる人はなぜ、「A3」で考えるのか?

「A3報告書」とは、トヨタで実際に使われている書類のフォーマットです。 このフォーマットに沿って考えることで、問題を解決することができます。 トヨタの強さの秘密が「A3報告書」に凝縮されて

続きを見る

僕が月300時間の残業を50時間まで減らした方法

「頑張っていれば認められる」は、いまや幻想です。 自分では頑張っていると思っていても、ある日突然戦力外通告を受けることがありあます。 「必要な人」と「残業する人」は同一ではありません。今求

続きを見る

部下を定時に帰す「仕事術」

仕事も家庭も徹底的にマネジメントする「ワーク・ライフ・マネジメント」を実現するには、社員だけが必死に仕事を効率的に進めてもムリがあります。 リーダーの段取り、チームの仕事全体をまるごと効率化する

続きを見る

一流のプロの“頭の中”にある仕事の道具箱

一流と呼ばれ仕事ができる人たちは、短時間で効率よく膨大な仕事をこなし、しかも質の高い成果をあげています。 この本はビジネスの色々なシーンで役立つノウハウを「道具」に見立てて詰め合わせたツールボッ

続きを見る

なぜ一流の人は謝るのがうまいのか

「謝る」と「詫びる」は違います。 部下を動かす、得意先に信頼される、仲間に慕われる。 一流の「謝る」とは人生をも変えてしまうコミュニケーションツールなのです。 題名 なぜ一流

続きを見る

伝わる文章を書く技術

ビジネスシーンでは、必ず「文章にして伝えること」が要求されています。 ふだんはあまり気にすることのない文章能力ですが、組織の内部で「やりたいこと」を実現させていくのであれば、「伝わりやすい」企画

続きを見る

スポンサーリンク

スポンサーリンク

「想い」と「アイデア」で世界を変える ゴミを宝に変えるすごい仕組み 株式会社ナカダイの挑戦

「失敗なんてない!」 世の中で言われているところの失敗というのは

初対面で話がはずむ おもしろい伝え方の公式

どうやったらおもしろい伝え方ができるのか。 元落語家であり、ベテ

仕掛学 人を動かすアイデアのつくり方

問題解決を促すアプローチは、さまざまあります。 どうせなら笑顔に

やむなく営業に配属された人が結果を出すために読む本

売れないのは、商品のせいではありません。あなたが商品の魅力をうまく伝え

頭を下げない仕事術

なかなか相手のOKを引き出せない方、どんなに熱心に頭を下げてもイエスを

→もっと見る

PAGE TOP ↑