*

「 マネジメント 」 一覧

ビジネス思考モデル 既存ビジネスから「イノベーション」を生む7つの視点

本書は、目まぐるしく変化し、先の見えない環境の中で働く方が、新しい価値創造の機会を発見し、「イノベーション」を自分事として考えるために書かれた本です。 題名 ビジネスモデル思考 既存ビジ

続きを見る

V字回復の経営 2年で会社を変えられますか

「2年で黒字化できなければ、退任します」。不振事業再建にのり出した黒岩莞太は、業績を回復させることができるのか。実際に行われた事業改革を題材に、臨場感あふれるストーリーで描かれたベストセラーです。

続きを見る

スノーピーク「好きなことだけ!」を仕事にする経営

せっかくものをつくるなら、今までにない製品を作ったほうがいい。他社のマネをした製品はすぐに陳腐化し、たどりつく先は価格競争しかない。スノーピークは顧客目線のオリジナルな製品にこだわり、「好きなことだけ

続きを見る

できる人はなぜ、「A3」で考えるのか?

「A3報告書」とは、トヨタで実際に使われている書類のフォーマットです。 このフォーマットに沿って考えることで、問題を解決することができます。 トヨタの強さの秘密が「A3報告書」に凝縮されて

続きを見る

ディズニーがスタッフに最初に教えたこと

ディズニーリゾートで働く人の9割以上がアルバイトなどの準社員スタッフです。 短期的に入れ替わる人が多いにもかかわらず、そこで働く全員が“キャスト”として高い意識をもち、ゲストを楽しませ、感動させ

続きを見る

ぼくは「技術」で人を動かす

リーダーシップを発揮するためのスキルと人間性を混同して捉えてしまうと、自分の未熟さに目線が向くために自信がなくなり、かえって自分らしさを発揮できなくなってしまいます。 リーダーシップを人間性の問

続きを見る

9割がバイトでも最高のスタッフに育つ ディズニーの教え方

ディズニーには“人は経験で変る・育つ”という考え方があります。人には変る・育つ可能性があり、それを実現することがディズニーの高いクオリティーを維持していくことにつながっているのです。 題

続きを見る

上司の常識は、部下にとって非常識

日常交わされるような会話例とその背景にある心理メカニズムを示し、時代的な背景を含めて上司と今どきの部下のギャップを解き明かしていきます。   題名 上司の常識は、部下にとって非常識~イ

続きを見る

反省しない。

失敗してもいいから、少しでもいいので行動してみましょう。 行動していけば、地域も会社もあなたも元気になって変わっていくはずです。 題名 DVD付 反省しない。 (経営) 著者 樋渡啓

続きを見る

〈チーム編〉教える技術

本書で紹介する方法は、初めて部下を持った人でも、口下手でどうも話しづらいという部下を持っている人でも、無理なく実践できる行動科学マネジメントです。 カリスマ性やズバ抜けた能力といったものはまった

続きを見る

スポンサーリンク

スポンサーリンク

「想い」と「アイデア」で世界を変える ゴミを宝に変えるすごい仕組み 株式会社ナカダイの挑戦

「失敗なんてない!」 世の中で言われているところの失敗というのは

初対面で話がはずむ おもしろい伝え方の公式

どうやったらおもしろい伝え方ができるのか。 元落語家であり、ベテ

仕掛学 人を動かすアイデアのつくり方

問題解決を促すアプローチは、さまざまあります。 どうせなら笑顔に

やむなく営業に配属された人が結果を出すために読む本

売れないのは、商品のせいではありません。あなたが商品の魅力をうまく伝え

頭を下げない仕事術

なかなか相手のOKを引き出せない方、どんなに熱心に頭を下げてもイエスを

→もっと見る

PAGE TOP ↑