*

「 コミュニケーション 」 一覧

「おもしろい人」の会話の公式 気のきいた一言がパッと出てくる!

この本は、有名な会話術の講師が書いたコミュニケーション術ではありません。現場で培った実際に使えるコミュニケーション術です。 本書は、日常の生活が豊かで「おもしろい」にみちあふれ、快適に過ごせるよ

続きを見る

会話の達人の話し方を真似したら 人見知りの僕でも楽しく雑談できました。

何を話したらいいのか分からない人は、実は「聞く」ことが苦手なのです。 意識が「話す」ことばかりにいっているから、雑談ができないのです。 意識を「聞く」ことに変えるだけで雑談は盛り上がってい

続きを見る

正論で争いを仕掛けてくる 相手の言葉なんて真に受けるな!

自分を大切にしている人は、相手の言葉に惑わされません。 自分を大切にしている人は、相手の感情に振り回されません。 相手の言葉を真に受けない。自分が感じる「感じ方」を信じることで、争いのない

続きを見る

ぼくは「技術」で人を動かす

リーダーシップを発揮するためのスキルと人間性を混同して捉えてしまうと、自分の未熟さに目線が向くために自信がなくなり、かえって自分らしさを発揮できなくなってしまいます。 リーダーシップを人間性の問

続きを見る

なぜ一流の人は謝るのがうまいのか

「謝る」と「詫びる」は違います。 部下を動かす、得意先に信頼される、仲間に慕われる。 一流の「謝る」とは人生をも変えてしまうコミュニケーションツールなのです。 題名 なぜ一流

続きを見る

「人たらし」のブラック交際術 人見知りでもかわいがられる方法

交際術は「術」だから〝技術“なのです。 そうした技術は、新しいパソコンソフトを学ぶときのように、誰でも身につけているものです。それが交際術というものなのです。 題名 「人たらし」のブラ

続きを見る

佐藤可士和のクリエイティブシンキング

クリエイティブとは、アーティスティックな表現方法のことではありません。 現状を良くするために創意工夫をし、問題を解決していくことをクリエイティブシンキングと呼んでいます。 従来の教科書的な

続きを見る

上司の常識は、部下にとって非常識

日常交わされるような会話例とその背景にある心理メカニズムを示し、時代的な背景を含めて上司と今どきの部下のギャップを解き明かしていきます。   題名 上司の常識は、部下にとって非常識~イ

続きを見る

心理学入門―心理学はこんなに面白い

心理学は、人間に関わるあらゆる問題をとらえ、解決していくために役立ちます。   題名 心理学・入門 --心理学はこんなに面白い (有斐閣アルマ) 著者 サトウタツヤ / 渡邊芳之 発行

続きを見る

日本橋高島屋コンシェルジュに学ぶ 人の心を動かす「気遣い力」

名コンシェルジュ敷田さんが、接客で心がけていることは、「普通のこと」「当たり前のこと」に、ほんの少し工夫や、配慮、気遣いを加えることです。 “一歩先を読んだ”対応が、お客様からの信頼を築き上げて

続きを見る

スポンサーリンク

スポンサーリンク

「想い」と「アイデア」で世界を変える ゴミを宝に変えるすごい仕組み 株式会社ナカダイの挑戦

「失敗なんてない!」 世の中で言われているところの失敗というのは

初対面で話がはずむ おもしろい伝え方の公式

どうやったらおもしろい伝え方ができるのか。 元落語家であり、ベテ

仕掛学 人を動かすアイデアのつくり方

問題解決を促すアプローチは、さまざまあります。 どうせなら笑顔に

やむなく営業に配属された人が結果を出すために読む本

売れないのは、商品のせいではありません。あなたが商品の魅力をうまく伝え

頭を下げない仕事術

なかなか相手のOKを引き出せない方、どんなに熱心に頭を下げてもイエスを

→もっと見る

PAGE TOP ↑