*

「ありがとう」のすごい秘密

この本は、小林正観さんが伊勢神宮お礼参りの折に、参加者の方にお話しさせていただいた講話、6回分の内容をまとめたものです。

 y0OwWcPuTKLtQN51420775632

題名 「ありがとう」のすごい秘密
著者 小林正観(こばやし・せいかん)
発行 株式会社KADOKAWA

 

内容

小林正観氏は、1948年東京生まれ。心理学博士、教育学博士、社会学博士であり、人間の潜在能力・ESP現象や超常現象に興味を持ち心学などの研究を行ってこられました。年間約300回の講演で全国を回り精力的に活動されていましたが、2011年10月12日に永眠されています。

 

この本は小林正観さんとともに伊勢神宮のお参りしたときの講話、2006年から2011年まで6回分の内容をまとめたものです。

「『ありがとう』をずっと言っていると、いつの間にか本人も気づかないうちに心の底からの『ありがとう』に変わります」という、言葉に秘められた力。

「運がいいか、悪いかは自分の感情が勝手に決めているだけなのです」という自分の気持ちしだいで、不幸や悲劇も喜びや幸せに変わるということ。

「人間関係の出発点は、人に甘えること」自分に甘い人は人にも甘えさせることができる。だからまず自分を甘えさせること。

「今、自分がおかれている状況に感謝」本当の幸せとは、今すでに自分が幸せに囲まれていることに気が付くこと。

言葉のかけ方、物の感じ方、現象のとらえ方をすこし変えることによって、今までツイテない、不幸だと思っていた日常がラッキーで幸せなものに変わると教えてくれています。

人生うまくいかないことだらけだと感じている方に対してプラス思考になれるように小林正観氏がエールを送ってくれています。

 

こんな方におススメ!

・どうすれば幸せになれるのか。その方法を知りたい方
・周りの人が自分の思った通りに動いてくれないと悩んでいる方
・自分は「運が悪い」と思う方

 

感想

現象としては何も変わらないのに、それを幸ととるか不幸ととるかは自分次第だと教えてくれていました。

特に成功をおさめている人というのは、常にプラス思考でどんなに悪いことが起きても、悪かったとは思わず良い方向に考え、自分は運が強いと思うことによって運の向きを強い方向に変換し、自分も周りも幸せにする術を体得しているのだと感じました。

松下幸之助氏も若い頃、ある夏の夕方に船から川へ落ちてしまった時も「運が強かった。あれがもし冬だったら助からなかった」と語っていたそうです。

本書は、このようなプラス思考の心の持ちようを様々な言葉で私たちに伝えてくれています。

 

そのことがいい・悪いと決めつけているのは全部自分

現象は常にゼロでニュートラルであり、そのことについてどう思うかというのは別問題なのだそうです。

 

「今のままの自分では幸せになれない、いつの日か幸せになりたい」という思いを持ち続けることが人間を不幸につなぎとめている

私たちはありとあらゆることに恵まれていて、その恵まれている普通の状態を本当にラッキーでついているといえる人が幸福になれる

 

子育ての本質は「育てない」こと

子どもと向き合ってはいけない。向き合うとあら探しをしながら育てることになってしまいます。ではどうすればいいのか?親自らが明るく楽しく生きることで、子供もそのように育ちます。言葉ではなくその生き様を見て生き方を学んでいくのです。

 

 

目次

第1章 宇宙は「おまかせ」で生きる人を後押しする
 悪しき予言は信じなくていい
 子育ての本質は「育てない」こと
 子どもは親の「言葉」で育つのではなく、「生き様」から学んでいく
 宇宙の構造はなぜか「やる気のない人」を後押しする
 宇宙の方程式「自我+おまかせ=100」
 人生のすべては自分が生まれる前に書いたシナリオどおり
 現象は常にゼロでニュートラル
 神様が味方をしてくれる生き方第2章 自分に甘く、人にも甘く
 人に甘えて、甘えて、そして心からの「ありがとう」を言う
 人間関係の出発点は人に甘えること
 「集いに帰依(きえ)する」ことの意味を考える
 88の倍数の人たちがなぜか集う不思議さ
 お釈迦様がはじめて使った「ありがたし」第3章 「ありがとう」のもつ力
 「ありがとう」を言い続けることで見えてくるものがある
 生まれ変わりを繰り返すことで魂は進化する
 ナガタ、ナガサキという生き方

第4章 神社は「感謝」を伝えるところ
 男性は女性からの好意を受け入れるといい
祈り」も「願い」もその語源はお礼の言葉である
 すでに恵まれていることに気がついて感謝
 心を込めない「ありがとう」も言い続ければ心からの「ありがとう」になる

第5章 運の良し悪しは自分が決めている
 お伊勢参りはいつも晴れ
 運命に良し悪しはない
 生死の淵をさまよい、眼底出血を乗り越えて

第6章 本当の幸せとは?
 悪魔さんの陰謀
 今、自分がおかれている状況に感謝
 この世に生けるすべての者には仏性がある
 「うたし焼き」とは
 私の体を通してからにしてください

 

【今日紹介した本】

「ありがとう」のすごい秘密

 

↓ランキング参加しています!!
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

スポンサーリンク

関連記事

しっかり!まとまった!文章を書く

文章を書くときには、コツがあります。そのコツを意識しながら書き進めていけば、道は自然と開けてきます。

記事を読む

超訳 吉田松陰語録―運命を動かせ

吉田松陰の言葉は、常に現実を見つめ闘いながら語られた生きた言葉です。 だから、時代を超えて私た

記事を読む

他人の意見に惑わされず自分の人生は、自分の意志で決定するべきもの

あなたは心の底から自分自身のことを信用できていますか。 あなたは自分自身を本当に大切にしていますか

記事を読む

失敗力 30代でひと皮むけるヒント

数々の試練や苦しい時代を乗り越えたからこそ、的確で熱く胸にグッとささる言葉があります。 失敗を

記事を読む

何もせずにダラダラ過ごせば、アイデアも生まれやすくなる!?

これは何もしないでいるための本です。   私たちはそんなに頑張るべきではありません

記事を読む

悪縁バッサリ!いい縁をつかむ極意

良い縁も悪い縁も、縁は誰のところにも平等に流れてきます。 その多くの縁の中からどれを選ぶかは自

記事を読む

まずは、自分をまるっと肯定しよう

心が傷ついているときは、まず自分を全肯定しましょう。 とにかく気持ちのすべてをまるっと肯定する

記事を読む

ストレスゼロの伝え方

他人に自分の考えを伝えるということは、あまりにも日常的であたり前のことです。だから多くの人は「伝える

記事を読む

心理学入門―心理学はこんなに面白い

心理学は、人間に関わるあらゆる問題をとらえ、解決していくために役立ちます。   題名 心

記事を読む

読んだら忘れない読書術

どうすれば読んだ本の内容を忘れずに覚えておくことができるのでしょうか? 本をじっくりていねいに

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スポンサーリンク

「想い」と「アイデア」で世界を変える ゴミを宝に変えるすごい仕組み 株式会社ナカダイの挑戦

「失敗なんてない!」 世の中で言われているところの失敗というのは

初対面で話がはずむ おもしろい伝え方の公式

どうやったらおもしろい伝え方ができるのか。 元落語家であり、ベテ

仕掛学 人を動かすアイデアのつくり方

問題解決を促すアプローチは、さまざまあります。 どうせなら笑顔に

やむなく営業に配属された人が結果を出すために読む本

売れないのは、商品のせいではありません。あなたが商品の魅力をうまく伝え

頭を下げない仕事術

なかなか相手のOKを引き出せない方、どんなに熱心に頭を下げてもイエスを

→もっと見る

PAGE TOP ↑