*

独立起業を考えている人と中小企業経営者に読んでもらいたい ランチェスター経営7つの成功戦略

公開日: : 最終更新日:2014/12/05 経営・戦略 ,

経営は実践、経営学は机上の空論でしかありません。しかし、経営者が直面する問題の90%の解決法は、過去の経営者が解き明かし成功の虎の巻として書籍になっています。

経営には原則がありその原則を先に学んでおくことで、最悪の事態を避けることができるのです。

 

DSC_0078
題名 小さな会社・儲けのルール―ランチェスター経営7つの成功戦略
著者 竹田陽一 栢野克己
発行 フォレスト出版株式会社

 

【感想】

ランチェスター戦略はわたしの好きな戦略策定方法の一つです。商品をしぼり、エリア、お客も身の丈にあったものにする、まさに中小弱小企業向けの戦略なのです。

しかし理論的には理解できるのですが、いざ実践となると二の足を踏んでしまう場合が多いような気がします。

それもそのはず、売り上げが落ちてくると新商品、新製品を発売し売り上げを保とうとする。エリアを広げ取引先を広げてきた。

買ってくれるのなら誰とでも、どこへでも出かけていく。そのような営業方針のもと、なんとか予算に近づけようとガンバっている企業が多いのではないでしょうか。

ランチェスター戦略のようにすべてにおいてしぼり込み、効率よく経営できたら楽に商売ができるのに・・・と思いますが、現実は広げすぎた手をなかなか引っ込めるわけにもいかず、今までとかわり映えしない戦略を立ててしまう。

あるいはさらに新商品の投入や全国展開など広げた手をさらに大きく広げるような経営計画を立てるはめになっていませんでしょうか。

 

「中小企業と屏風は広げると倒れる」

 

という格言があるようです。売り上げも一時は落ちるでしょうから勇気のいることですが、自分の得意なものにしぼり、そこに経営資源を集中し、どの分野でも良いので1位を目指す。

その方向転換がもしできるようであれば、良い結果を得られるかもしれません。

この決断は従業員ではできません。経営者の判断でしか方向転換できませんので、現状を打破し売り上げ回復を目指す強い意志をもって取り組むべき戦略ではないでしょうか。

 

目次

プロローグ 社長はだれでもなれるけど・・・

儲けのルール1 小さな会社が成功するために ~弱者の基本戦略~

儲けのルール2 成功する天職・ビジネスの選び方 ~弱者の商品戦略~

儲けのルール3 成功する事業エリアの選び方 ~弱者のエリア戦略~

儲けのルール4 成功する客層の選び方 ~弱者の客層戦略~

儲けのルール5 成功するお客探し ~弱者の営業戦略~

儲けのルール6 成功するお客の育て方 ~弱者の顧客戦略~

儲けのルール7 成功するためには長時間労働が不可欠 ~弱者の時間戦略~

内容はこちら⇒

スポンサーリンク

関連記事

ガバガバ儲けるブランド経営 コスト0円で「儲ける体質」に会社を変える

ブランドから会社を見直すことは、最も簡単で社員を賢くし、かつ継続的な儲けを生み出すチャンスになります

記事を読む

V字回復の経営 2年で会社を変えられますか

「2年で黒字化できなければ、退任します」。不振事業再建にのり出した黒岩莞太は、業績を回復させることが

記事を読む

メイドインジャパンをぼくらが世界へ

衰退産業と言われるアパレルと日本酒業界で、異例の躍進を続ける二人の若手経営者が、日日本のモノづくり「

記事を読む

KINGJIM ヒット文具を生み続ける独創のセオリー

独創的なアイデアを実現し、ユニークな商品を次々と世に送りだすキングジム。 どのような組織運営で

記事を読む

稲盛和夫の経営問答 従業員をやる気にさせる7つのカギ

組織の命運はすべてリーダーにかかっています。多くの社員や家族の生活を預かるリーダーは、その使命の重要

記事を読む

スノーピーク「好きなことだけ!」を仕事にする経営

せっかくものをつくるなら、今までにない製品を作ったほうがいい。他社のマネをした製品はすぐに陳腐化し、

記事を読む

中小企業だからできる難局を乗り切るビジネスモデル創出法

厳しい経営環境だからこそ、「攻めの経営」に転じましょう。 そして、攻めの経営を支える武器こそが

記事を読む

「想い」と「アイデア」で世界を変える ゴミを宝に変えるすごい仕組み 株式会社ナカダイの挑戦

「失敗なんてない!」 世の中で言われているところの失敗というのは、単に最初の予想と結果が違って

記事を読む

反省しない。

失敗してもいいから、少しでもいいので行動してみましょう。 行動していけば、地域も会社もあなたも

記事を読む

幸働力経営のススメ2 失敗から学んだあくなき挑戦の20年

“経営とは、そこで働く人間を元気にすることにほかなりません” 本書は、経営のプロとして活躍する

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

「想い」と「アイデア」で世界を変える ゴミを宝に変えるすごい仕組み 株式会社ナカダイの挑戦

「失敗なんてない!」 世の中で言われているところの失敗というのは

初対面で話がはずむ おもしろい伝え方の公式

どうやったらおもしろい伝え方ができるのか。 元落語家であり、ベテ

仕掛学 人を動かすアイデアのつくり方

問題解決を促すアプローチは、さまざまあります。 どうせなら笑顔に

やむなく営業に配属された人が結果を出すために読む本

売れないのは、商品のせいではありません。あなたが商品の魅力をうまく伝え

頭を下げない仕事術

なかなか相手のOKを引き出せない方、どんなに熱心に頭を下げてもイエスを

→もっと見る

PAGE TOP ↑