*

「空気」でお客様を動かす

公開日: : 最終更新日:2015/12/03 マーケティング, 営業・販売, 経営・戦略 ,

人が何かを買うときに合理的な考えに基づいて、すべてを決めているわけではありません。人はその場の「空気」によって意思決定をしてしまうことがあり、しかも選択結果に満足しているという事実があるのです。

iX1q2ccKBMA0TaO1449045914

題名 「空気」でお客様を動かす
著者 横山信弘(よこやま・のぶひろ)
発行 フォレスト出版株式会社

内容

著者の横山信弘さんは、株式会社アタック・セールス・アソシエイツ代表取締役。セールスの現場に入り、目標を絶対に達成させることを信条とするコンサルタント。ロジカルな技術やメソッドなどを基にして情熱的に語りかける講演やメルマガは多数のビジネスパーソンから支持されている。主な著書に『絶対達成する部下の育て方』『絶対達成マインドのつくり方』などがある。

本当は買う気がなかったのに、ついつい物を買ってしまった経験はありませんか。または映画館に行くとポップコーンが食べたくなる。銭湯に行くと必ずコーヒー牛乳が飲みたくなるなど、人は何かを買うときにすべて経済合理性に基づいて意思決定をしているわけではありません。

その場の「空気」によって価値判断にかたよりが生じてしまうものなのです。そして特徴的なのは、合理的な判断をしなくても、その決定にお客様は満足をしているということです。

本書は、2種類の「空気」と3種類の「お客様」の属性を明らかにしていきます。お客様を動かす「空気」については、脳科学や行動経済学の視点をふんだんに使いながら理論的に解説していきます。「お客様」の属性については、空気に感化されやすいか否かで3タイプに分け、それぞれのタイプの特性とアプローチ方法を探ります。

著者が考える本書のキーワードは「しっくり」です。論理的に正しいかどうかではなく、「しっくり」くるかどうかでお客様は“買う・買わない”の判断をしていると言います。その意思決定をする際のシチュエーションと心理作用をわかりやすく解説しています。

こんな方におススメ!

☆営業トークに自信がない方
☆売上をなんとか伸ばしたいと考えている方
☆モノが売れる仕組みを知りたい方

感想

先日、わたしの家族が農家の生産直売のイベントに行きました。いろいろな飲食ブースがあり、そのなかで煮た落花生を販売しているところで足を止めました。まったく買うつもりはなく、ただ珍しいなと思いしばらく見た後に立ち去ろうとすると、農家のおじさんが落花生の殻をわざわざむいてくれて、「おいしいから食べてみなよ」とニコニコ顔で差し出すのだそうです。断るわけにもいかず、食べてみるとたしかに美味しかったので、まぁ「せっかくだから」と1袋買って帰ってきたのです。

前置きは長くなりましたがこの話しを聞いて、これが「空気」なんだと思いました。落花生を買いにいったわけでもないのに、「せっかくだから」と買ってしまう。ここに合理的な判断などほとんどありません。

たしかに食べてみて美味しかったのでしょうが、それよりもおじさんの笑顔の影響の方が大きかったのではないでしょうか。本書にもあるとおり、自分の商品のファンになり自信満々に紹介する人の姿にお客さまは感化され、手を伸ばしてしまうようです。

まず売る商品を好きになる。お客様に気持ちよく買ってもらうには、そこから始まるのではないでしょうか。

目次

はじめに

第1章 日常における、お客様を動かす「空気」
―「空気」の影響を知らずにマーケティングはできない

第2章 なぜ、お客様は「空気」で動かされるのか?
―そのメカニズムを解明する

第3章 「売れない空気」の原因を解明する
―「思った以上に売れない」の真因

第4章 「空気マーケティング」を遂行せよ
―購入までのプロセスを「空気」で縮める技術

第5章 「空気」の力で、より多く、より高く売る
―「空気マーケティング」実践編

第6章 「空気」で、お客様を動かした成功者から学べ
―「空気マーケティング」実例編

【今日紹介した本】
「空気」でお客様を動かす

↓ランキング参加しています!
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

スポンサーリンク

関連記事

ビジネス思考モデル 既存ビジネスから「イノベーション」を生む7つの視点

本書は、目まぐるしく変化し、先の見えない環境の中で働く方が、新しい価値創造の機会を発見し、「イノベー

記事を読む

KINGJIM ヒット文具を生み続ける独創のセオリー

独創的なアイデアを実現し、ユニークな商品を次々と世に送りだすキングジム。 どのような組織運営で

記事を読む

幸働力経営のススメ2 失敗から学んだあくなき挑戦の20年

“経営とは、そこで働く人間を元気にすることにほかなりません” 本書は、経営のプロとして活躍する

記事を読む

仕事の速い人は150字で資料を作り3分でプレゼンする

この本は「計る」「数える」「記録する」といった、仕事を分解し細部までこだわる姿勢を教えます。

記事を読む

やむなく営業に配属された人が結果を出すために読む本

売れないのは、商品のせいではありません。あなたが商品の魅力をうまく伝えられていないからかもしれません

記事を読む

結果を出すのに必要なまわりを巻き込む技術

マーケター一人では、ヒット商品を生み出すことは決してできません。いかに周りの人を巻き込めるかで、ヒッ

記事を読む

メイドインジャパンをぼくらが世界へ

衰退産業と言われるアパレルと日本酒業界で、異例の躍進を続ける二人の若手経営者が、日日本のモノづくり「

記事を読む

稲盛和夫の経営問答 従業員をやる気にさせる7つのカギ

組織の命運はすべてリーダーにかかっています。多くの社員や家族の生活を預かるリーダーは、その使命の重要

記事を読む

お客が値切ってくるのは常識。「高い」と言われても売る営業スキル

お客の発する「高いなぁ」の一言 どうしよう…と悩んでいる方。 断られても値切られても対処

記事を読む

「グレー企業」になりなさい!

「グレー企業」とは、疑わしい会社という意味ではありません。 大手企業のような待遇を約束できない

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スポンサーリンク

「想い」と「アイデア」で世界を変える ゴミを宝に変えるすごい仕組み 株式会社ナカダイの挑戦

「失敗なんてない!!」 世の中で言われているところの失敗というの

初対面で話がはずむ おもしろい伝え方の公式

どうやったらおもしろい伝え方ができるのか。 元落語家であり、ベテ

仕掛学 人を動かすアイデアのつくり方

問題解決を促すアプローチは、さまざまあります。 どうせなら笑顔に

やむなく営業に配属された人が結果を出すために読む本

売れないのは、商品のせいではありません。あなたが商品の魅力をうまく伝え

頭を下げない仕事術

なかなか相手のOKを引き出せない方、どんなに熱心に頭を下げてもイエスを

→もっと見る

PAGE TOP ↑