*

実践!仕事論 現場で成功した二人がはじめて語る「地方・人・幸福」

公開日: : 企画・開発 ,

アイデアが閃くきっかけの一つは、他人の面白いアイデアに出会った時です。

今回の対談は、唐池恒二さんという偉大な経営者であり、かつ人並み外れたアイデアマンとじっくり話してみたいという、小山薫堂さんの個人的な夢からはじまりました。fo4LJjBbdq5Tq4T1432272887

題名 実践! 仕事論 現場で成功した二人がはじめて語る「地方・人・幸福」
著者 小山薫堂(こやま・くんどう)/唐池恒二(からいけ・こうじ)
発行 株式会社講談社

内容

小山薫堂さんは、1964年熊本県天草市生まれ。日本大学芸術学部放送学科在籍中に放送作家としての活動をスタートさせる。その後、伝説の料理番組「料理の鉄人」や深夜番組の最高峰と評された「カノッサの屈辱」など斬新な番組を数多く企画。

2008年に公開された映画「おくりびと」で、第32回日本アカデミー賞最優秀脚本賞を受賞されています。

唐池恒二さんは、1953年大阪府生まれ。京都大学法学部を卒業後、日本国有鉄道に入社。国鉄分割民営化後、JR九州に入社し、2009年にJR九州の社長に就任。

クルーズトレイン「ななつ星in九州」では、企画から運行まで自ら指揮を執りました。現職はJR九州会長。

放送作家、脚本家、観光アドバイザー、ロケーションプロデュースなど多岐にわたる活動で、時代をリードしている小山薫堂さんと、クルーズトレイン「ななつ星in九州」を世に送りだすなど、世界が注目する稀代のアイデアマンJR九州の唐池恒二会長が本音で論じあう画期的なビジネススキル読本です。

こんな方におススメ!

☆地方から日本を元気にしたいと考えている方
☆企画を成功させる極意を探している方
☆組織が活性化し、人がやる気を出すリーダーシップを発揮したい方

感想

観光庁観光アドバイザーや九州新幹線元年事業総合アドバイザーなどをされている小山薫堂さんの企画ということもあり、地方活性化や事業を成功させるためのリーダーシップなどの話しが中心となっています。

本書の中で日本を代表する歓楽的温泉街だった、熱海と別府がなぜ廃れたかという話が出てきます。

その一つの理由が、歩かない町にしてしまったということです。カラオケ、スナック、エステ、お土産もある巨大ホテルがお客を抱えこんで、ホテルから出なくても大丈夫になり、町がシャッター街と化したのです。

ホテルは言ってみれば「箱」のようなもので、どこに泊まっても記憶に残りません。町を歩いて人とふれあって町並みを見ることで思い出に残り、もう一度行きたいと思うようになるのです。

そこに気づいた別府の鉄輪温泉は、昔の湯治場のような雰囲気にし、石畳を復活させて観光客に歩きながら温泉めぐりをしてもらうことで、にぎわいをとり戻したということです。

また、町づくりの大家である2006年に亡くなった東京大学の木村尚三郎名誉教授は、都市を構築する3大要素を次のように挙げています。

1つ目は、安全安心な町
2つ目は、歩いて楽しい町
3つ目は、食とショッピングが充実していること

これにプラスして、地元の人とのあたたかいふれあいがあることにより、観光客にもそこに住んでいる人にも楽しい町になると教えています。

目次

まえがき 小山薫堂

CHAPTER1 勝機をつかむ

CHAPTER2 リーダーシップ

CHAPTER3 地方再生

CHAPTER4 ニッポンの未来

あとがき 唐池恒二

【今日紹介した本】
実践! 仕事論 現場で成功した二人がはじめて語る「地方・人・幸福」

Amazon
楽天
↓ランキング参加しています!

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

スポンサーリンク

関連記事

「人真似は、自分の否定だ」 クリエーターの60訓

広告や制作の専門的な知識ではなく「職業人の知識」を現場での「対話」を通して伝えていきます。 変

記事を読む

伝わっているか?

なんとかして「伝えよう」として、がんばればがんばるほど空回りしてしまう。   それ

記事を読む

これぞ、ザ・ネーミング~。

お客様がふともらす、心の“ボヤキ”を生で聞き、それに応える“義理と人情”のものづくり。 お客様

記事を読む

反省しない。

失敗してもいいから、少しでもいいので行動してみましょう。 行動していけば、地域も会社もあなたも

記事を読む

しっかり!まとまった!文章を書く

文章を書くときには、コツがあります。そのコツを意識しながら書き進めていけば、道は自然と開けてきます。

記事を読む

結果を出すのに必要なまわりを巻き込む技術

マーケター一人では、ヒット商品を生み出すことは決してできません。いかに周りの人を巻き込めるかで、ヒッ

記事を読む

スノーピーク「好きなことだけ!」を仕事にする経営

せっかくものをつくるなら、今までにない製品を作ったほうがいい。他社のマネをした製品はすぐに陳腐化し、

記事を読む

0(ゼロ)ベース思考 ―どんな難問もシンプルに解決できる

どんな問題も一発で解決できる魔法のような方法はありません。 先入観にとらわれず、ちがう確度から

記事を読む

KINGJIM ヒット文具を生み続ける独創のセオリー

独創的なアイデアを実現し、ユニークな商品を次々と世に送りだすキングジム。 どのような組織運営で

記事を読む

仕掛学 人を動かすアイデアのつくり方

問題解決を促すアプローチは、さまざまあります。 どうせなら笑顔になってもらえる仕掛けによって、

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スポンサーリンク

「想い」と「アイデア」で世界を変える ゴミを宝に変えるすごい仕組み 株式会社ナカダイの挑戦

「失敗なんてない!」 世の中で言われているところの失敗というのは

初対面で話がはずむ おもしろい伝え方の公式

どうやったらおもしろい伝え方ができるのか。 元落語家であり、ベテ

仕掛学 人を動かすアイデアのつくり方

問題解決を促すアプローチは、さまざまあります。 どうせなら笑顔に

やむなく営業に配属された人が結果を出すために読む本

売れないのは、商品のせいではありません。あなたが商品の魅力をうまく伝え

頭を下げない仕事術

なかなか相手のOKを引き出せない方、どんなに熱心に頭を下げてもイエスを

→もっと見る

PAGE TOP ↑