*

0(ゼロ)ベース思考 ―どんな難問もシンプルに解決できる

どんな問題も一発で解決できる魔法のような方法はありません。

先入観にとらわれず、ちがう確度から、ちがう筋肉を使って、ちがう前提で考えてみましょう。

また、問題の原点に立ちもどり、すなおな心で核心を鋭くとらえる。つまり「ゼロベース」で考えることで問題の解決に大いに近づくことができるのです。IMG_20150328_161346

題名 0ベース思考—どんな難問もシンプルに解決できる
著者 スティーブン・レヴィット/スティーブン・ダブナー
訳者 櫻井祐子(さくらい・ゆうこ)
発行 ダイヤモンド社

内容

著者の一人スティーブン・レヴィットさんは1967年生まれ。シカゴ大学経済学部教授。03年ノーベル経済学賞の先行指標といわれる、ジョン・ベイツ・クラーク賞を受賞するなど、世界的に注目されている経済学者です。

スティーブン・ダブナーさんとの共著に、世界的ベストセラーとなった『ヤバい経済学 [増補改訂版]』『超ヤバい経済学』があります。

本書には「フリーク」という言葉が一つのキーワードになっています。「フリーク」とは“フリーコノミクス”の略で、レヴィットのお姉さんがつくった造語であり、世間の慣習や常識にとらわれない人を指す言葉という意味で使われています。

従来の枠にとらわれずに、日常的な疑問を経済学のツールを使って読み解いていこうとするのが「フリーク」の趣旨なのです。

経済学とは「世の中が実際にどうなっているのかを明らかにする学問」であると言い、レヴィットは人を行動に駆り立てる動機や要因、つまりインセンティブという観点から幅広い問題の核心に迫ろうとしています。

先入観にとらわれず問題の原点に立ち戻り、核心を鋭くとらえること。すなわち「ゼロベース」の思考法をわかりやすいストーリー仕立てで教えてくれています。

こんな方におススメ!

☆今までにない新しい企画を考えている方
☆人生の選択に悩んでいる方
☆聞く耳を持たない人を説得したいと思っている方

感想

人は道徳や理性で動くものではなく、表面上は人格者のようなふるまいをしていたとしても、それは結果としてそう見えるだけで、実際の心理的な部分は、金銭的や群集心理インセンティブだったりする場合が多くある。そう著者は語っています。

また、口に出す希望と「本当にやりたいこと」は違うとも言い、何かを口では言いながら、こっそりと自分の本当にやりたいことをやるもののようです。

人を動かそうとしたら自分のコンパスではなく、生身の人間が影響されるインセンティブをつきとめ、どう行動するかを考えることが大切で、著者は適切なインセンティブの仕組みを設計するルールを以下のように挙げています。

1、相手の言葉を鵜呑みにしないで、本当に関心をもっていることに注目する

2、自分では簡単に提供できるが、相手にとっては価値があるものを提供する

3、相手の反応に注目する。喜ぶ、がっかりするなどの反応を見て色々試してみる

4、相手との関係を敵対から強調へシフトできるように考える

5、「正しい」ことだから、相手がそれをしてくれるなんて考えてはいけない

6、どんなことをしてもその裏をかいて悪用する人が出てくる。そんな時は、相手の強欲を呪ったりせず、創意工夫に賛辞を送ろう

以上のような、あらゆる問題解決に役立ちそうな考え方のヒントをいろいろと紹介されています。その方法も、ただポイントを羅列するのではなく、ダブナーが取材で発掘した幅広い題材や出来事を交えて、ストーリー仕立てで話しが進んでいくので、楽しみながら考え方のエッセンスが頭に入るようになっています。

第8章「聞く耳をもたない人を説得するには?」でも言っているように、人を説得するには、“物語”にして聞かせるのが一番効果的なのです。

世界一のベストセラー『聖書』も物語として語られているからこそ、これだけ広まっているのであり、本書はそれを実践し、楽しいストーリーを中心にして記憶に残るように話しを進めています。

目次

第1章 何でもゼロベースで考える
―バイアスをゼロにしてアプローチする思考法

第2章 世界でいちばん言いづらい言葉
―「知らない」を言えれば、合理的に考えられる

第3章 あなたが解決したい問題は何?
―問題設定を変えて、すごい答えを見つける

第4章 真実はいつもルーツにある
―ここまでさかのぼって根本原因を考える

第5章 子どもように考える
―「わかりきったこと」にゼロベースで向き合う

第6章 赤ちゃんにお菓子を与えるように
―地球はインセンティブで回っている

第7章 ソロモン王とデビット・リー・ロスの共通点は何か?
―庭に雑草を引っこ抜かせる方法

第8章 聞く耳をもたない人を説得するには?
―その話し方では100年かけても人は動かない

第9章 やめる
―人生を「コイン投げ」で決める正確なやり方

【今日紹介した本】
0ベース思考—どんな難問もシンプルに解決できる

Amazon
楽天ブックス
↓ランキング参加しています!

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

スポンサーリンク

関連記事

ホンダ流ワイガヤのすすめ 大ヒットはいつも偶然のひとことから生まれる

会議が楽しくて何時間でも話しを続けていたい。こんな感覚を味わったことはありますか? 会議なんて

記事を読む

伝わっているか?

なんとかして「伝えよう」として、がんばればがんばるほど空回りしてしまう。   それ

記事を読む

お客様の心をつかむ「色」の使い方

カタログやポスター、パッケージや包装紙、壁紙や窓わくの色をもう少し商品やターゲットに合う色にしたいと

記事を読む

KINGJIM ヒット文具を生み続ける独創のセオリー

独創的なアイデアを実現し、ユニークな商品を次々と世に送りだすキングジム。 どのような組織運営で

記事を読む

ガバガバ儲けるブランド経営 コスト0円で「儲ける体質」に会社を変える

ブランドから会社を見直すことは、最も簡単で社員を賢くし、かつ継続的な儲けを生み出すチャンスになります

記事を読む

日本人を縛り付ける役人の掟

私たちは、特定の既得権者から搾取されています。 日本社会は「役人の掟=規制」によってがんじがら

記事を読む

「人真似は、自分の否定だ」 クリエーターの60訓

広告や制作の専門的な知識ではなく「職業人の知識」を現場での「対話」を通して伝えていきます。 変

記事を読む

しっかり!まとまった!文章を書く

文章を書くときには、コツがあります。そのコツを意識しながら書き進めていけば、道は自然と開けてきます。

記事を読む

スノーピーク「好きなことだけ!」を仕事にする経営

せっかくものをつくるなら、今までにない製品を作ったほうがいい。他社のマネをした製品はすぐに陳腐化し、

記事を読む

結果を出すのに必要なまわりを巻き込む技術

マーケター一人では、ヒット商品を生み出すことは決してできません。いかに周りの人を巻き込めるかで、ヒッ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スポンサーリンク

「想い」と「アイデア」で世界を変える ゴミを宝に変えるすごい仕組み 株式会社ナカダイの挑戦

「失敗なんてない!!」 世の中で言われているところの失敗というの

初対面で話がはずむ おもしろい伝え方の公式

どうやったらおもしろい伝え方ができるのか。 元落語家であり、ベテ

仕掛学 人を動かすアイデアのつくり方

問題解決を促すアプローチは、さまざまあります。 どうせなら笑顔に

やむなく営業に配属された人が結果を出すために読む本

売れないのは、商品のせいではありません。あなたが商品の魅力をうまく伝え

頭を下げない仕事術

なかなか相手のOKを引き出せない方、どんなに熱心に頭を下げてもイエスを

→もっと見る

PAGE TOP ↑