*

減らす技術 新装版

ひっきりなしに押し寄せてくる情報や仕事の波に飲みこまれないようにするにはどうしたらいいのでしょうか?

その答えの一つが「制限を設ける」ことです。すべてをやるのではなく、大切なことだけに集中して、自分の時間を最高に効率よく使う。そんな夢のような話・・・と思うかもしれませんが、夢ではありません。これから紹介するシンプルな方法で実現できるのです。

J85mQxvSir_Fg8r1448596512

題名 減らす技術 新装版
著者 レオ・バボータ(Leo Babauta)
発行 株式会社ディスカバー・トゥエンティワン

内容

著者のレオ・バボータさんは、サンフランシスコ在住の作家、カリスマブロガー。世界的人気を博している『Zen Habits(禅的生活)』は2007年に「世界ブログ総合大賞」を受賞。著者がすすめているのは人生を「シンプル」にすることです。大切なことだけに集中して、それ以外は取り除いてしまう。そうすることによってストレスが減り、毎日は楽しくなる。さらには今までよりもずっと生産的に仕事をこなすことができるようになる。本書では、時代の波に飲み込まれないように一生懸命「増やす」ことで対応してきたやり方をやめ、焦点をしぼり込み、集中する方法を紹介しています。

カギとなるのが「制限を設ける」こと、余分なものを減らして「シンプル」にすることで、自分の時間を効率よく使えるようになります。「増やすこと」を追い求める生き方をやめ「減らすこと」に取り組めば人生が変わるというのが本書のコンセプトとなっています。

パートⅠ・原則編では、人生をシンプルにするとともに、生産性を最大限に高めるカギとなる「6つの原則」を紹介しています。この原則がパートⅡ・実践編に続く基本的な考え方となっており、さまざまなテクニックへと発展していきます。

こんな方におススメ!

☆ぼうだいな仕事の波に飲み込まれそうな方
☆受信トレイいっぱいのEメールの処理に困っている方
☆デスク周りの書類の山に押しつぶされそうな方

感想

「シンプルに」生きる。自分の大切なことだけに集中して、それ以外は取り除く。余計なことにわずらわされずに仕事に集中できる。そうすることにより自分が望むことを達成できる人生になる。

なんて理想的ですばらしい人生でしょう。とうてい実現できそうもない夢のような生き方ですが、著者は実際にストレスのない自分らしい生活を手に入れています。

そんな生産的で充実した日々を実現するための解決策のひとつを「制限を設ける」ことだと著者はいいます。大切なことを見極め、それ以外のものを取り除くことで生活がシンプルになり、やるべきことがはっきりと見えるようになってきます。

このやり方を成功させるには、あれもこれもいっぺんに手を出さずに「一度にひとつ」のゴールだけに集中することです。ひとつのことに集中し全エネルギーを注ぐことで、今まで不可能に見えていたことがいつのまにか達成できている。

つまり「制限を設けて、本質に迫ることだけに集中する」ことで目標をクリアできるのです。

自分がどうなりたいのか、何がしたいのか、理想とする生き方をまず想像し、それに近づくために小さいことからコツコツ始めていく。その積み重ねの階段を上ることで、今まで見ることのできなかった新しい世界がひらけてくるのかもしれません。

目次

はじめに

パートⅠ・原則編
さあ減らすことから始めよう やることを減らすとなぜ成果が上がるのか?
減らす原則1 制限する
減らす原則2 本質に迫ることだけを選ぶ
減らす原則3 シンプルにする
減らす原則4 集中する
減らす原則5 習慣化する
減らす原則6 小さくはじめる

パートⅡ・実践編
減らすテクニック1 シンプル・ゴール
減らすテクニック2 シンプル・プロジェクト
減らすテクニック3 シンプル・タスク
減らすテクニック4 シンプル時間管理
減らすテクニック5 シンプル・Eメール
減らすテクニック6 シンプル・インターネット
減らすテクニック7 シンプル・ファイリング
減らすテクニック8 シンプル・コミットメント
減らすテクニック9 シンプル・ルーチン
減らすテクニック10 シンプル・デスク
減らすテクニック11 シンプル健康管理

減らし続けるためにモチベーションをどう保つか

【今日おススメした本】
減らす技術 新装版

↓ランキング参加しています!
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

スポンサーリンク

関連記事

プレゼンできない社員はいらない

私たちは毎日のように何らかのプレゼンを行っています。 上司に対して、会議の中で、お客様に対して

記事を読む

一流の決断力

伝説のディール・メーカーが教える「粘る力」と「割り切る技術」 30代から40代のリーダーの皆さ

記事を読む

どうせ生きるなら「バカ」がいい

現代の日本人は、なぜこれだけ苦しみを抱えてしまっているのでしょうか。それは“やりたくないこと”を“や

記事を読む

「何から読めばいいか」がわかる 全方位読書案内

本を読むことは、すべての人に平等に与えられている教養の形です。 現代は、誰もが教養をたっぷり享

記事を読む

成功の神はネガティブな狩人に降臨する バラエティ的企画術

やりたいことを実現するためには、アイデアをレギュレーション(=規制・規則)に合わせるのではなく、アイ

記事を読む

どんな仕事でも必ず成果が出せる トヨタの自分で考える力

トヨタの社員は日々の仕事の中で、一人ひとりが問題を見つけ出し、プロセスを改善し、さらにそれらを共有す

記事を読む

「きちんと考える」技術

一生懸命がんばっているのに、なかなか評価されない 壁にぶつかり、伸び悩んでいる 日々の仕

記事を読む

頭を下げない仕事術

なかなか相手のOKを引き出せない方、どんなに熱心に頭を下げてもイエスを引き出せない方、そういう方に本

記事を読む

「ありがとう」のすごい秘密

この本は、小林正観さんが伊勢神宮お礼参りの折に、参加者の方にお話しさせていただいた講話、6回分の内容

記事を読む

断らない人は、なぜか仕事がうまくいく

好き嫌いにかかわらず、頼まれたのなら断らずにやってみる。そして、それに一生懸命に取り組み、分からない

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スポンサーリンク

「想い」と「アイデア」で世界を変える ゴミを宝に変えるすごい仕組み 株式会社ナカダイの挑戦

「失敗なんてない!」 世の中で言われているところの失敗というのは

初対面で話がはずむ おもしろい伝え方の公式

どうやったらおもしろい伝え方ができるのか。 元落語家であり、ベテ

仕掛学 人を動かすアイデアのつくり方

問題解決を促すアプローチは、さまざまあります。 どうせなら笑顔に

やむなく営業に配属された人が結果を出すために読む本

売れないのは、商品のせいではありません。あなたが商品の魅力をうまく伝え

頭を下げない仕事術

なかなか相手のOKを引き出せない方、どんなに熱心に頭を下げてもイエスを

→もっと見る

PAGE TOP ↑