*

ていうか、男は「好きだよ」と嘘をつき、女は「嫌い」と嘘をつくんです。

男と女は異質な生き物です。

では、男は女のどこに惹かれ、女は男のどこに惹かれるのでしょうか?

それは、お互いのわからないところです。自分とは異なる部分に惹かれあうのが男と女。

本書では、男と女の違いをさまざまな角度から取り上げます。

題名 ていうか、男は「好きだよ」と嘘をつき、女は「嫌い」と嘘をつくんです。
著者 DJあおい
発行 株式会社幻冬舎

内容

著者の「DJあおい」さんは、恋愛アドバイザーとしてツイッター、ブログなどで人気となっているナゾの主婦です。

ツイッターでは、一般人としては異例のフォロワー約34万人。ブログ「DJあおいのお手をはいしゃく」は、月間600万PVを誇ります。著書は、『DJあおいの恋の悪知恵』など。

本書は、ブログ「DJあおいのお手をはいしゃく」を加筆・編集し、まとめたもので、読者の恋愛など男女関係の悩みや質問などに対して、著者独自の視点でズバッと答えていきます。そのかざらない語り口や下ネタも交えた楽しい話なのでファンが多いのもうなずけます。

男の立場、女の立場どちらかにかたよることなく、バランスよく両方の目線で、それぞれの考え方や行動のクセをいろいろなパターンで紹介しています。

例えば『「好きだよ」という嘘をつくのが、男。「嫌い」と嘘をつくのが、女』などのようにタイトルのつけ方も上手で、はやく本文を読みたくなってしまいます。

内容は、社会人向けのものが多く、仕事と恋愛、夫婦生活、浮気と本気など大人の事情を熟知している著者ならではの構成で、グイグイ引き込まれます。

男心がわからない、女心がわからない、など恋愛に悩んでいる方にとっては、救いの一冊となること間違いなしの内容です。

こんな方におススメ!

☆女心を知りたい方
☆男心を知りたい方
☆理想的な恋愛、結婚を望んでいる方

感想

男の心理、女の心理を絶妙な例えを使い、上手に表現しているおもしろい一冊です。

著者は「DJあおい」さん、という女性の方なので、女心に詳しいのはわかるのですが、男心に関してもかなり理解されていて、男の私でさえ納得させられる部分が多くあります。

著者が心理学を学ばれた方か、あるいはご主人が良いアドバイスをされているのかもしれません。

私のサイト「ビジネス書のススメ!」では、心に残った言葉を毎回載せているのですが、本書は感心させられる言葉が多すぎてどれを選ぶかたいへん迷いました。その中でぜひ紹介したいと思ったのがこれです。

「好きだよ」という嘘をつくのが、男。
「嫌い」と嘘をつくのが、女

タイトルにもなっているこの言葉ですが、男性の「好きだよ」は、女性をだますためのウソ。女性の「嫌い」は、男性にだまされないためのウソだと説明されています。

男性は狩猟本能でウソをついて、女性は防衛本能でウソをつく。あるいは、男性は攻めて成功を目指し、女性は守って成功を目指すというということなのでしょうか。

また著者は、男と女の違いだけでなく、いい男・いい女になる方法もアドバイスしています。

強い女を弱くするのが、いい男
弱い男を強くするのが、いい女

これを実現するには、自分の人間性を高めることや、相手のことをよく理解する力が必要になります。

さまざまな経験を積み、人格を高めることで、「この人の言うことなら間違いない」と思ってもらえ、そして、相手のことを真剣に思う気持ちを持つことで、相手も素直に心を開いてくれるようになるのでしょう。

話の根底に、もっといい男、いい女になってほしいという、優しくあたたかい気持ちを感じられるところが、「DJあおい」さん、の人気のヒミツなのかもしれません。

目次

第1章 ていうか、男と女は違う生き物なんです。

第2章 ちょっとそこに座りなさい。~DJあおいの説教部屋~

第3章 いい男、いい女

【今日おススメした本】
ていうか、男は「好きだよ」と嘘をつき、女は「嫌い」と嘘をつくんです。

スポンサーリンク

関連記事

失敗は「そこ」からはじまる

綿密に計画を立てて意思決定したはずなのに、どうしてひんぱんに脱線してしまうのでしょうか? どう

記事を読む

悪縁バッサリ!いい縁をつかむ極意

良い縁も悪い縁も、縁は誰のところにも平等に流れてきます。 その多くの縁の中からどれを選ぶかは自

記事を読む

まずは、自分をまるっと肯定しよう

心が傷ついているときは、まず自分を全肯定しましょう。 とにかく気持ちのすべてをまるっと肯定する

記事を読む

竹鶴とリタの夢 余市とニッカウヰスキー創業物語

日本ウイスキーの父、竹鶴政孝と妻リタの物語 連続テレビ小説「マッサン」で描かれていない姿を知る

記事を読む

どうせ生きるなら「バカ」がいい

現代の日本人は、なぜこれだけ苦しみを抱えてしまっているのでしょうか。それは“やりたくないこと”を“や

記事を読む

ストレスゼロの伝え方

他人に自分の考えを伝えるということは、あまりにも日常的であたり前のことです。だから多くの人は「伝える

記事を読む

経済と“世界の動き”が見えてくる!東大のクールな地理

ふだんニュースや新聞、SNSをチェックしていても、なかなか見えてこない本質的な「世界の見え方」や「時

記事を読む

「ありがとう」のすごい秘密

この本は、小林正観さんが伊勢神宮お礼参りの折に、参加者の方にお話しさせていただいた講話、6回分の内容

記事を読む

本番に強い人は、ヤバいときほど力を抜く 人前で話すのが劇的にラクになる7つの技法

本番に強い人と、そうでない人の違いは何でしょうか? 答えは、心をゆるませられるかどうかです。肝

記事を読む

心理学入門―心理学はこんなに面白い

心理学は、人間に関わるあらゆる問題をとらえ、解決していくために役立ちます。   題名 心

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スポンサーリンク

「想い」と「アイデア」で世界を変える ゴミを宝に変えるすごい仕組み 株式会社ナカダイの挑戦

「失敗なんてない!」 世の中で言われているところの失敗というのは

初対面で話がはずむ おもしろい伝え方の公式

どうやったらおもしろい伝え方ができるのか。 元落語家であり、ベテ

仕掛学 人を動かすアイデアのつくり方

問題解決を促すアプローチは、さまざまあります。 どうせなら笑顔に

やむなく営業に配属された人が結果を出すために読む本

売れないのは、商品のせいではありません。あなたが商品の魅力をうまく伝え

頭を下げない仕事術

なかなか相手のOKを引き出せない方、どんなに熱心に頭を下げてもイエスを

→もっと見る

PAGE TOP ↑